a8910d35

Alicia Keys・・・この人に最も似合う言葉はやはり"才色兼備"でしょうか?1stアルバム『Songs In A Minor』も言わずと知れた大傑作ですが、この2ndアルバム『The Diary Of Alicia Keys』も1stアルバムに負けず劣らず・・・いや、1stアルバムを上回る出来ではないでしょうか。Alicia Keysには2枚目のジンクスなんて関係なかったようですね。

とにかく誰と関わろうが全てAlicia Keys色に染め上げてしまうその独自の世界。あの個性的なTimbalandですらAlicia Keys色に染まってしまっています(3曲目『Heartburn』)。俺はKanye Westがプロデュースした先行曲『You Don't Know My Name』ですでに虜になっていた訳ですが、果たしてこの素晴らしい曲を上回る曲がアルバムに収録されているだろうか?よくありがちな良曲はその曲1曲のみで、あとはハズレなのではないだろうか?

余計な心配だったようで捨て曲は見当たりません。特に、特に素晴らしいのがシングルにもなったスロウジャム『If I Ain't Got You』。耳を通り越して心の琴線に直接訴えてくるかのような涙腺刺激しまくりの美曲で、Alicia Keys・・・というか音楽シーンの代表曲がまた一つ増えたと言っても過言ではない、本当に素晴らしい曲に仕上がってます。

他では上でも書いた個性的なトラックを手掛ける事で有名なTimbalandプロデュース曲を自分色に染め上げてしまった快作『Heartburn』、Kanye West提供のソウルフルで美しい大ヒットを記録した言わずと知れた名曲『You Don't Know My Name』、Alicia Keys自らの希望で実現したDwayne Wigginsがギターで参加したミッド『Diary』、ストリングスが美しくドラマティックに鳴り響く『Karma』、Isaac Hayes"Walk On By"を使った『If I Was Your Woman/Walk On By』、愛する人に歌いかける『Dragon Days』、イントロのヴァイオリン演奏からしてやられる『Wake Up』、Andre Harris And Vidal Davis提供の『So Simple』、Aliciaのソウルフルで伸びのある歌声を堪能できる『When You Really Love Someone』、抑制気味に問いかけるように歌う『Slow Down』、生楽器をふんだんに使用したトラックが心地いい『Nobody Not Really』あたりも絶対に聴き逃すことの出来ない楽曲になっています。

俺は最初にリリースされた盤と、後にリリースされたこのスペシャル・エディションと両方持ってるんですが、今から購入する人はスペシャル・エディションの方がオススメです。『If I Ain't Got You』のUsherとデュエットしたバージョンや、Kanye WestによるREMIXが収録されていてかなりお得ですよ。