0b21c0f9

Dave HollisterやAngie Stone、Latoya London(アメリカン・アイドルのファイナリスト)、Christopher Williamsらが出演した話題のミュージカル『Issues』のサントラについて。『Issues』は劇作家Laterras R.Whitfieldによるミュージカルで、各方面から絶賛を得たそうです。そんな作品のサントラなので、「Dave HollisterやAngie Stoneが参加し素晴らしい歌声を…」と言いたいところだけど残念ながら不参加。がしかし。その代わりといっちゃなんだけど、実力派シンガーGary JenkinsとMarcus Coleの2人が参加し素晴らしい歌を披露してくれています。

収録曲は全10曲で幕開けからすごかったりするのだけど、まず注目したいのが元SilkのメンバーでもあるGary Jenkinsが参加してる楽曲。Gary Jenkinsが生楽器が奏でる美しいトラックをバックに最初はセクシーに、そして後半に向かうにつれ徐々に熱を帯びていき吼えて吼えて吼え倒すオー○ズム・ナンバー『Comerman』、Gary Jenkins、Verdena Taylor、LaTavia Parker、James Murrayの男2×女2がミュージカルならではといったナンバーを灼熱ヴォーカルで魅せ聴かせる『Battle Of The Sexes』、Gary Jenkinsの野性味あふれるヴォーカルに負けじとLaTavia Parkerも健闘するア○メ曲『No More Heartache』と、まあ俺がGary Jenkinsの歌声のファンというのもあるけれど、どれも素晴らしいものばかりでこれだけで満足度100%。

贅沢なことに他の曲も出来が良くてですね、Verdena TaylorとTasha Brown、James Murrayの男女3人が怒涛のごとく熱唱し歌声を重ね合う脳天直撃曲『Issues Theme Song』、Tameka Hall、Verdena Taylorの女性シンガー2人が美しさと力強さをあわせ持ったヴォーカルをぶつけ合うゴスペル・バラード『I Need A Miracle』、塩辛い極太バリトンの持ち主Marcus Coleと甘いチョコレートのような歌声をしたVerdena Taylorという正反対の個性をもつ2人がデュエットした極上スロウ『Let The Past Go』、LaTavia Parkerが歌うフィリー系の美曲『Without You』、Marcus Coleの甘しゃがれた歌声に終始酔わされっぱなしの雄汁まみれミッド・ナンバー『Making Up』、1分ちょいの曲にしておくのが非常に勿体無いMarcus Cole & Verdena Taylor『Let The Past Go(Reprise)』、男性シンガーJames MurrayがGary JenkinsやMarcus Coleに一歩も引けを取らないヴォーカルで歌い上げる『My Ministry』と、ヤケド必至の逸品ばかりを網羅した神々しい1枚に仕上がっています。

正気で聴き終えることのできないアルバムってこれのことですか?R&B/SOULとゴスペルの旨味がぎっしり詰まってて、聴き終えるころには手足ガクブルで立ち上がることなんて不可能。聴き逃し厳禁です。アマゾンやCD BABYで購入可ですよ。