c8d8dc8e

『恋におちたら』などのヒットでおなじみの女性シンガー、Crystal Kayの7thアルバム『ALL YOURS』(DVD付き初回生産限定盤)について。個人的にCrystal Kayは「まあまあ好き」ってレベルなんだけど、クリエーター陣のチョイスがなかなかいいので2ndアルバム以降ずっと購入しています。前作『Call me Miss...』はJam & Lewis作の『Kirakuni』という話題曲がありましたが、果たして今回は。

まずは小ヒットしたシングル群から。『きっと永遠に』は結ばれなかった恋について歌った悲しくも壮大なバラードで、『こんなに近くで...』はベートーベン交響曲第七番第一楽章を取り入れた可愛らしいバウンシー・チューンといった感じ。『あなたのそばで』は今回のシングルの中では一番R&B色が濃く出た1曲で、Crystal Kayならではのキラキラ感がなんともたまらないナンバーになっています。

シングルではないけれど、『Midnight Highway』もSUZUKIシボレーのCMソングになっているので聴いたことのある人が多いのではないかと。この曲結構好きです。プロデュースはAIやSOULHEADなども手掛けるICEDOWNが担当しています。

あとスポットライトを当てたいのは『Sugar Rain』と『I WANNA BE』の2曲。前者はEXILEや倖田來未、RAIN、そしてARIAなども手掛けるSTYがプロデュース。爽快なグルーヴがたまらなくいいですね。そして後者曲はCrystal Kayとは長い付き合いとなるT.KURA & MICHICOがプロデュースを担当したナンバーで、MICHICO直伝の歌いまわしが◎な好曲になっています。

それ以外もほどよくラテンの香りを漂わせたアップ・ナンバー『Dream World』、木漏れ日のような気持ちよさが味わえる美しくもメロディアスな『Anytime』、童子-Tや加藤ミリヤ作品も手掛けるSHINGO.S制作のキラキラ曲『Cherish』、同じくこちらもSHINGO.Sがプロデュースした季節感あふれるバラード『STILL』、またまたSHINGO.Sが手掛けたアジアンちっくな美曲『Butterfly's garden』、どっしりサイバーなビートがカッコいい『ESCALATOR』、軽快な金物系の鳴り物が効いた『Lonely Girl』(SHINGO.Sプロデュース)、そしてアルバムの〆に配された『Last Kiss』と、計14曲のラブソングで構成されたギャル受けの良さそうな内容になっています。

なお、今回紹介した初回生産限定盤には『きっと永遠に』、『こんなに近くで...』、『あなたのそばで』のPVと『こんなに近くで(のだめオーケストラ LIVE ver.)』が収録されたDVDが付属しています。