Utada × Ne-Yo最新アルバムが全米チャートNO.1を獲得したNe-YoとUtadaのコラボ・シングル『Do You feat. Utada』が11月21日にデジタル限定で発売決定しました。実はこのコラボレーションはNe-Yoが企てた世界企画。世界各地のディーヴァをフィーチャーし、その地域のラジオでかけたり、デジタルでの販売を目的に制作されております。Ne-Yoはこのデュエットのために歌詞を書き換えました。イギリスでのパートナーはヒット・シンガーNatasha Bedingfield、ドイツでは国民的歌手のSarah Connor、本国アメリカでは世界を唸らすR&BヴォーカリストMary J. Blige。そして日本でのコラボレーターとしてNe-Yoがラヴ・コールを送ったのは、レーベル・メイトでもあるUtada。LA. ReidやJay-Zの推薦でUtadaの曲を聴いていたNe-Yoは、「彼女は素晴らしい声の持ち主だ。彼女とだったらきっと良いデュエット曲が出来上がるよ」と、Utadaとの客演を懇願。ここに夢の共演が実現しました。(以上UNIVERSAL MUSICより)

あらら。宇多田ヒカルではなくUtadaがNe-Yoとデュエットですか。いきなりのニュースでちょっとビックリしました。45秒のオーディオ試聴が可能ということで早速聴いてみました。まあ…普通?45秒聴いたくらいじゃなんとも言えませんね。個人的にはMary J. Bligeバージョンが一番楽しみだったり。ていうかなんで今更『Do You』なんだろう。どうせなら新曲がよかった。

■Ne-Yo『Do You feat. Utada』試聴・ダウンロード ⇒ Ne-Yo - Do You feat. Utada - Single