YORK WHITE LUVEXILEのボーカルATSUSHIを中心に結成された男性4人組ヴォーカル・グループCOLORの初代メンバーYORK。そんな彼の新しいナンバー『White Luv』が11月7日にリリースされました。ちょっと遅くなったけど、今日はその新曲について書いてみようと思います。

タイトルやジャケットから察しがつくとおり、今回は冬にぴったりのウィンター・ソングになっていて、イントロを含め全4曲を収録。雨音とストリングスが印象的な『Intro』で幕が開き、そこから表題曲『White Luv』へなだれ込みます。これがいきなり素晴らしいんですよ。切なく鳴るピアノを主とした泣きのトラックをバックに、おなじみの男汁というか雄汁したたるYORKのヴォーカルが乗る…最高ですね。要所でとび出すファルセットもアクセントになってて◎だし、心に染みるメロディも言うことなし。続く『Winter Bell』も『White Luv』と同系統のナンバーで、野性味あふれるYORKのヴォーカルに俺の股間は猛反応。でも筆先が乾くにはまだ早すぎる。お次の『I Feel Loneliness For A Beautiful Thing』も絶品なんですよ。この曲はこれまでの曲はとは違いキラキラ感で満ち溢れたナンバーで、YORKのソフトな歌い方が堪能できます。こういう気張らないヴォーカルもありですね。

いやー、やっぱこの歌声は反則ですね。いい具合に荒くれてて、そしていい感じにエモーショナル。琴線に触れるメロディアスなR&Bナンバーもいける上にHIP HOP色濃いめのアッパー・チューンもいける…。今年の冬はこの4曲で乗り切れそうです。

■YORK『White Luv』試聴・ダウンロード ⇒ York - White Luv - EP