dfab34d3

昨年の12月9日にデビュー10周年を迎えた日本を代表するシンガー・ソングライター宇多田ヒカルの5thアルバム『HEART STATION』について。宇多田ヒカル…今回も買ってしまいました。初期のころは俺のツボであるR&B系の曲を歌ってるというので買ってたけど、ここ数年は独自のポップ路線?を突き進んでますよね。でもどんな曲を歌おうがあの宇多田ならではの親しみやすいメロディと彼女ならではの言葉使い(言葉遊び)が炸裂した詞が好きでスルーできないんですよ。

今回のアルバムの収録曲を見て驚いたのはシングル曲の多さ。収録曲の約半数が既出曲ということで、シングルを持ってる人にとったらちょっと物足りない内容?でもライト・ファンにとっては嬉しい内容ですよね。

まずはシングル群の中で個人的に好きだったナンバーから。軽く切ない感じの詞が心に響く『HEART STATION』、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の主題歌として話題を呼んだ『Beautiful World』、日清カップヌードル"FREEDOM"シリーズのTVCMテーマソングでおなじみの応援ソング『Kiss & Cry』の3曲。この3曲はシングルとしてリリースされたときからハマり数え切れないくらい聴きました。なかでも『HEART STATION』は最初聴いたときは「これ地味じゃね?」と思ったけど、歌詞をみながら繰り返し聴いてるうちに好き度が急上昇しました。

その他のシングル曲は、ドラマ「花より男子」に起用され大ヒットした『Flavor Of Life -Ballad Version-』、そしてボーナストラック扱いで収録された『Flavor Of Life』、花王ヘアケアブランド"アジエンス"のCMソングとして大量オンエアされているミッド・ナンバー『Stay Gold』、クマ好きとして有名な宇多田ならではのほっこりソング『ぼくはくま』などが収録されています。

注目のアルバム曲は、前向きな詞がオープニングにピッタリな1曲目『Fight The Blues』、早口気味に歌ったかと思えば囁くようなパートがあったりと1曲でいろんな宇多田が味わえる『Celebrate』、4月10日スタートのフジテレビ系木曜ドラマ「ラスト・フレンズ」主題歌で、アルバム曲にしておくには勿体無い好曲『Prisoner Of Love』、壮大な雰囲気に包まれる『テイク 5』、そして可愛らしいナンバー『虹色バス』と、アルバム曲もシングルに負けず劣らずの楽曲がそろっています。

前アルバム『ULTRA BLUE』もよく出来たアルバムだったけど、今回はいい感じに力が抜けてるというか、余計なものが削ぎ落とされていて聴きやすい印象をうけました。今回も間違いないですね。現在ヘビーローテーション中です。