94849213

『Baby Don't Cry』、『Hide & Seek』など、安室奈美恵作品に欠かせないプロデューサーNao'ymtの1stアルバム『Nao'ymt wit' 1st Season』について。本作は彼の「みんなの才能が、金や権力に負けないように」という思いから始まったwit'企画の楽曲をまとめた1枚で、iTunes Storeにて配信されていた全楽曲をCD化。さらに全曲MIX、構成に手を加えるという気合いの入れ様で、全曲ダウンロード済みという人も楽しめる渾身のアルバムになっています。

曲の配置からして絶妙で、音源化が熱望されていた『Nao'ymt Web Theme 2006-』もイントロ&アウトロでいい味出しまくり。この和のオーラ出まくりの曲があるだけで白飯10杯くらい食えそうですよ。

さて注目のメイン楽曲についてだけど、まずはNao'ymtも一員である男性R&BグループJineの3曲から紹介。『No Respect』は三味線の音色が和の世界を醸し出すオリエンタル・ナンバー。歌える3人ならではのフェイク、シャウト、そしてコーラスが見事に絡み合う圧巻の1曲で、誰もが心奪われる出来になっています。

『Anotha Man』はwit'メンバーでもあるKozoのラップをフィーチャーした痛いほど切ないナンバー。Nao'ymtの甘くねっとりとしたヴォーカルもいいけど、野性味あふれるJunのヴォーカルとEijiのしなやかなヴォーカルも聴きどころのひとつですね。そして『Bedroom』は3人のエモーショナルなヴォーカル、琴線に触れまくる切ないメロディ、美しさと儚さを合わせ持ったトラックが三位一体となった極上の神曲。iTunesバージョンも賞賛すべき出来だったけど、このWebsiteバージョンもやっぱ最高!どれだけ拒もうとも、有無を問うことなく胸に染み入ってくるこの感じは唯一無二ですね。Jineのスキルの高さを再確認させてくれます。

他はwit'メンバーの楽曲が網羅されてるんだけど、個人的に一押しなのは真之介が歌う『Your Place』。この曲も前述したJine曲に負けないくらい好きなんですよね。真之介の繊細&しなやかなヴォーカルもいい上にNao'ymtならではの和を感じさせるトラック…失禁するなって方が無理ですから。拍手喝采級の出来でございます。

他もシンガー個々の個性が上手く表現された好曲ばかりで、iTunes Storeでは未配信の新曲S-key-A『Okay』、どっしりとした前傾姿勢のトラックが◎な宏実『Oh Oh』、KozoのスムージーなラップとNao'ymtの味のある歌声が絡み合う『Next Morn'』、安室奈美恵『White Light』に通じるようなキラキラ・ナンバーYUKALI『We Can't Back』、タイラヨオのラップとAKIYOの艶やかなフックが交差するエキゾチック・アッパー『Hot Voodoo』、TRINITYの元メンバー優美が歌う心地好くも切ないミッド『Think About U』、宏実の表現力豊かなヴォーカルに陶酔してしまう上質バラード『Recover』、EXILEや倖田來未、Rain(ピ)、東方神起などのプロデュースでおなじみのSTYが歌う『Sorry』、夏の終わりや夕暮れあたりに聴きたくなるS-key-A『Boom Boom Boom』、妖しいトラックと優美のセクシーなヴォーカルが融合した『Sweet Apple Pie』、そしてNao'ymtの十八番である和の情緒あふれる歌世界が炸裂した"これぞ日本"なスロウ・ナンバーまりか『Lil' Goldfish』と、捨て曲など一切見当たらない珠玉の1枚に仕上がっています。

この集大成アルバムは本当に一聴の価値あり。大袈裟抜きで全曲素晴らしいんだけど、なかでも和風味のミッド〜スロウは、本場USのR&Bの流れを汲みつつも日本心を感じさせる悶絶級の出来!あまりの美しさに恍惚として聴き入ってしまいますね。ジャパニーズR&Bの最高峰アルバムをぜひご堪能あれ。