db3bd785

R&BからROCKテイストのナンバーまで幅広くこなす、歌って踊れるシンガー・ソングライター田中ロウマのミニ・アルバム『DAYBREAK』について。デビュー・アルバム『Keep On』がリリースされたのが2007年の4月25日。約1年ぶりに届けられたアルバムは、これまでの全シングルのPVを収録したDVD付きのミニ・アルバム。

『Keep On』から本作までの間に、『Forever Love』、『Boyfriend / Girlfriend』の2枚のシングルがリリースされてるんだけど、どちらも話題の女性シンガーをフィーチャーしたデュエット曲でした。『Forever Love』は『そばにいるね feat. SoulJa』の大ヒットで一躍有名になった青山テルマと歌声を重ねる美しくも切ないバラード。客演相手も申し分ないし、楽曲の出来も悪くはないんだけど、どうしてもロウマが歌う必要性が感じられないんだよなぁ。前シングル『NEW DAY』もバラードだったし、立て続けにシングルでバラードを出すのは正直どうかと…。melody.をフィーチャーした最新シングル『Boyfriend / Girlfriend』は松尾潔プロデュースによるPOPチューン。これも微妙な曲ですよねぇ。

と、シングル曲に関しては期待はずれなものばかりだったわけだけど、その他の曲はどうか。オープニング・ナンバー『Beautiful You』は去っていった恋人への想いを切実と歌い上げるバラード…っておい!「幕開けからバラードかよ!」と、思わず叫んじゃいましたよ(苦笑)でも曲自体はいいですね。結構胸に染みます。去っていった恋人への想いといえば『叶わぬ恋』もそうで、こちらはロウマ自身がセルフ・プロデュースを担当。『Reasons』は再び松尾潔が手掛けたナンバー。穏やかな風のようにスーッと心の中に入ってくるような1曲で、この曲も嫌いじゃないというか、結構好きかもしれない。

で残りの2曲は、ロウマのエネルギッシュなヴォーカルとうなるギターが◎なロッキッシュ・チューン『My Sunset』、前向きな詞をリズミカルなジャジーR&Bテイストのトラックに乗せ歌う『Free』と、期待以上に充実した?内容になっています。

シングル2曲を聴いた時点では「あまり期待しない方がいいんだろうなぁ」と思ってたけど、結構粒揃いで嬉しいビックリ。これ「シングル曲の選曲間違ってない?」と言いたくなりますね。なんで『Boyfriend / Girlfriend』みたいな曲、シングルで出しちゃったかなぁ…。まあR&B系のダンスチューンがないとか、いくつか不満な点もあったりするけど、『Reasons』などの好曲が収録されてたのでよしとします。全PVを収録したDVDも◎でした。