先日は「HIP HOP/RAP & REGGAE シングル・ランキング 2008」を発表したので、今日は今年よく聴いたR&B/SOUL & POPSシングルについてまとめてみようかなと。昨日と同じくPVが存在する曲のみで選出したので、シングル化されていてもPVが制作されてないものは省きました。それでは10位から順にカウントダウン。

10位 Robin ThickeMagic
Robin Thicke Magic10位はジェントルマンな雰囲気漂う色男シンガーRobin Thickeの『Magic』。ストリングスやホーン、コンガなどの生楽器が美しく鳴り響く鮮やかなアップで、歌声&サウンドともにとにかくソウルフル。ロビン・シック - サムシン・エルス - Magic

09位 BeyonceSingle Ladies (Put A Ring On It)
Beyonce Single Ladies9位はBeyonceの別人格Sasha Fierceによる『Single Ladies (Put A Ring On It)』。最初は「普通に好きかな」くらいのレベルだったけど、カッコよくも笑えるブッ飛びPVを見て好き度アップ。和製ビヨンセもこのダンス真似なよ。

08位 JoeWhy Just Be Friends
Joe Why Just Be Friends8位はアルバム『New Man』からの先行曲だったJoe『Why Just Be Friends』。Joeならではの甘美でセクシーなファルセットに聴いてるこっち側は心地よすぎてクラクラ。クララも立ち上がりますね。Joe - New Man - Why Just Be Friends

07位 Raheem DeVaughnCustomer
Raheem DeVaughn Customer7位は完成度の高いアルバム『Love Behind The Melody』でR&BファンをうならせたRaheemの『Customer』。『Woman』も大好きなんだけど、どちらかというとこっちかな。Raheem DeVaughn - Love Behind the Melody - Customer

06位 Mariah CareyI'll Be Lovin' U Long Time feat. T.I.
Mariah Carey Ill Be Lovin U Long Time6位はDJ Toompがプロデュースした『I'll Be Lovin' U Long Time』。この曲はDeBarge"Stay With Me"使いって時点で瞬殺されました。『Touch My Body』も良かったけど、これには負けます。Mariah Carey - E=MC2~MIMI第2章 - I'll Be Lovin' U Long Time

05位 Janet JacksonFeedback
Janet Feedback5位はレーベルを移籍&Jam & Lewis不参加と、心機一転の環境で挑んだJanetの勝負曲『Feedback』。近未来系サウンド&声加工と旬な技を盛り込んだ会心の一撃曲で、仕上がりもハイ・クオリティ。Janet - Discipline - Feedback

04位 The Pussycat DollsWhen I Grow Up
Pussy Cat Dolls When I Grow Up4位は歌って踊れるキャバレー集団PCDの『When I Grow Up』。この曲は聴くたびに好き度がアップしたのが印象的でしたね。ちなみにプロデュースは上のJanet曲と同じく売れっ子Rodney Jerkins。The Pussycat Dolls - ドール・ドミネーション (Japan Version) - When I Grow Up

そしてTOP3は…
03位 Pretty RickyKnockin' Boots '08
Pretty Ricky Knockin Boots 083位はボーカルがメンバー変更しちゃった身内ユニットPretty Rickyの『Knockin' Boots '08』。タイトルから察しがつくと思うけど、俺の大好きなグループH-Townのカバーでございます。原曲に負けず劣らずのセクシーさが醸し出されていて、聴いた瞬間に昇天…。アルバム『80's Babies』はいつ?

02位 Lyfe JenningsWill I Ever
Lyfe Jennings Will I Ever2位は警察沙汰で今後の歌手活動が心配される男性R&BシンガーLyfe Jenningsの『Will I Ever』。この曲は1位にしてもおかしくないくらい聴きました。全ていいんだけど、特に後半の熱唱がたまりませんね。歌声もギターも泣きまくりで、聴いてるこっち側の琴線に訴えかけまくり。やっぱLyfe Jenningsいいわ。

01位 Madonna4 Minutes feat. Justin Timberlake & Timbaland
Madonna 4 Minutes1位は常にシーンの最先端を走り続けているQUEEN OF POP、Madonnaの『4 Minutes』。Timbalandプロデュース、Justin Timberlake客演と、もろに売りに走った流行後追い曲ではあるんだけど、完成度は恐ろしいほど高し。ティンバもマド様相手だと手抜きなんて不可能なんでしょうね(笑)Madonna - Hard Candy (Deluxe Version) - 4 Minutes (feat. Justin Timberlake & Timbaland)

うーん、なんか忘れてるような気がするけど、まあこれでいいっか。今年はJanet、Mariah Carey、PCD、そしてMadonnaなど、結構メインストリームを突っ走る女性シンガーの曲を聴くことが多かった1年だったかな。その理由としてはR&Bシンガーの作品がどれもエレクトロ系だったり白系だったりと、黒さが衰退してるというか少々退屈に感じるものが多かったからかも。来年に期待!と言いたいけど、どうなるんでしょうね…。次はHIP HOP/RAP & REGGAE アルバム・ランキングについて書く予定なんで、気が向いたらチェックしてみて下さい。