ad6ddc6b

安室奈美恵の後輩で歌って踊れるスタイルを得意とする、才能溢れる男性アーティスト三浦大知の2ndアルバム『Who's The Man』(CD+DVD初回盤)についてレビュー。ついにというかやっと発売されましたね。ソロ・デビュー時から注目し応援してたけど、シングル『Inside Your Head』から安室作品でおなじみのNao'ymtが関与するようになってさらに好感度がアップ。そんな待望の本作の内容は…。

オープニング・ナンバー『Who's The Man』は本作のタイトル・チューンで、プロデュースを手掛けたのは前述のNao'ymt。皆さんご存知だと思うけど、彼は本作の肝となっているシングル群『Inside Your Head』、『Your Love』、『Delete My Memories』も手掛けていて、大知の新たな(大人の)一面を引き出す手助けをしています。

で『Who's The Man』は大知のヴォーカルと怪しくも雄度高いビートが織り成すグルーヴがなんとも最高な1曲になっていて、聴く者を一気に大知ワールドへ引き込みます。この曲を含め序盤はNao'ymt曲が網羅されていて、シンセのリフがアクセントになったダンス・チューン『Inside Your Head』、流行を取り込んだハイパー・エレクトロ・チューン『Delete My Memories』、そしてKREVAをフィーチャーした極上ミッド『Your Love』と、話題のシングル曲を惜しげもなく配置。

この『Your Love』からミッド〜スロウなゾーンへ突入することになり、U-Key zoneプロデュースの流麗なミッド『Stay With Me』、安室作品にも関与した経歴をもつシンガー・ソングライターTiger作の切ない片想いナンバー『Baby Be Mine』、DOUBLE & 安室奈美恵『BLACK DIAMOND』でおなじみのUTAプロデュースのトークボックス使用曲『Crazy』と、少年から大人の男へ変貌を遂げた大知をアピールする魅惑のゾーンになっています。前半はアップで攻め、中盤はミッド〜スロウで酔わせる。

じゃあ後半は?はい、再び戦闘体制で臨んでますよ。昔のKanye Westが多用してたソウルねた早回し技が炸裂するUTAプロデュース曲『SHINE』、前作から続投参加した村山晋一郎によるエレクトロR&B『Hypnotized』、RhymesterのDJ JINプロデュースCOMA-CHI客演の疾走感溢れるアッパー・チューン『HOT MUSIK』、大知が客演した千晴曲の大知メイン・バージョン『STOP』と、ダンサブルな楽曲がたたみ掛けるように並べられています。

残りの3曲はUTAプロデュースの美麗なバラード『You & Me』、シングル曲をトランシーに変化させた『Flag -BACHLOGIC REMIX-』、そしてKREVAによる『Magic (勝手にリミックスシリーズVol.2)』と、適度に流行に目配せしたアップ〜バラードが並ぶ力作に仕上がっています。

DVDの方はシングル4曲とタイトル・チューン『Who's The Man』のPVをプラスしたPV5曲に、大知自身が振り付けをした『Inside Your Head』、『Your Love』、『Delete My Memories』のダンスレッスンが収録されています。ちなみにこのダンスレッスンは大知本人がレクチャーしてくれる上、ダンサーのSHOTAとENDoも登場し踊ってます。

どの曲もよく出来てると思うし、大人になった彼にピッタリの内容になってると思います。でもいまひとつ垢抜けないというか、優等生すぎると思ってしまった俺は贅沢者なんだろうか。なんていうか想定の範囲内の仕上がりで、もうちょい遊びやぶっ飛び感がほしかったな〜というのが正直な気持ち。とまあ辛口なコメントもしちゃったけど、本当によく出来たアルバムだと思うので、気になる人はぜひチェックしてみて下さい。