e2c6da8d

クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルとして知られるベテラン・シンガーMary J. Blige。昨年末にリリースされた9枚目のオリジナル・アルバム『Stronger With Each Tear』のUK盤(新装盤)についてレビュー。イギリスでもアメリカや日本と同時期に発売されたものと思ってたけど、まだ発売されてなかったんですね。すでに国内盤を購入済なんだけど、新曲に惹かれUK盤もゲットしちゃいました。

まず目に付くのがアルバム・カバーが差し替えられてる点ですね。アメリカ盤や日本盤のジャケも貫禄があって嫌いじゃないけど、どちらかというとこのUK盤の方が好きかな。内容に関しては日本盤が全12曲だったのに対し、UK盤は全15曲に増量されています。

新たに追加されたのはイギリスの大御所バンドLed Zeppelinのカバー2曲『Whole Lotta Love』、『Stairway To Heaven』と、映画「More Than A Game」のサウンドトラック収録曲で当初アルバムに収録予定だったPolow Da Donプロデュースのバラード『Stronger』、The Black Eyed PeasのWill.I.Amがプロデュース&客演で参加したエレクトロ系『I Can't Wait』、Jay-ZやKanye West作品も手掛けるJeff Bhaskerプロデュースによる軽くアラビアンな『City On Fire』、人気DJであるDave Audeによるハウス・リミックス『I Am (Dave Aude Remix)』、そしてソロで歌ってた曲をイギリスの人気R&BシンガーJay Seanとのデュエット・バージョンに変更した『Each Tear』と、新曲やカバー曲、そしてニュー・バージョン曲が計6曲追加されています。

Led Zeppelinのカバー2曲に関しては『Whole Lotta Love』をRed Oneがプロデュースしてたり、Blink 182のTravis Barker、Ron Fair、Randy Jacksonなど演奏してるメンバーが豪華だったり話題は豊富だけど、個人的にLed Zeppelinはあまり興味がないのであってもなくてもどちらでもいい感じかな。『Whole Lotta Love』でのパワフルな歌声は嫌いじゃなかったりするんだけど…ね。

ちなみにUK盤で削られたのはRyan Leslieが手掛けた『Said And Done』、Trey Songzとのデュエット曲『We Got Hood Love』、Tricky Stewart & The-Dreamによる『Kitchen』の3曲。Ryan曲も上出来だったけど、人気シンガーTreyや売れっ子コンビが参加した後者2曲を外したのは意外でした。

すでに日本盤やアメリカ盤を購入済の人に「これも絶対に買いですよ!」とオススメするほどではないけど、Maryファンや追加・変更された曲が気になる人はチェックして損はないと思います。まだ『Stronger With Each Tear』を買ってなくて、どの盤を買おうか迷ってる人は試聴してから決めることをオススメします。