アバウト・シュミット仕事一筋のまじめで平凡な一人の男が、定年退職を機に第2の人生を歩む姿をユーモアとペーソスを織り交ぜて描くヒューマン・ドラマ「アバウト・シュミット」。人生の終盤を迎えて大きな転機に直面し孤独と戸惑いを見せる主人公の悲哀を名優ジャック・ニコルソンが見事に表現。共演はキャシー・ベイツ、ダーモット・マローニーらで、監督はアレクサンダー・ペイン。ジャック・ニコルソンもキャシー・ベイツも大好きだし、本作でもめっちゃいい味出してます。話もよかったけど…このテンションで125分は正直ちょっとキツかった。でもいい映画でした(どっちやねん!笑)。定年退職して、これから第2の人生だって時に妻が他界。娘もアホな男と結婚予定で、主人公は孤独を感じずにはいられない。そんな彼が唯一本音をはき出せるのは、会ったことのない少年に宛てた手紙…。重くなりがちな話だけど、適度に笑いが散りばめられてるので見やすかった。そう、見やすく配慮はされてるんだけど、できれば1時間半くらいがちょうどいい感じかな^^;眠くない時に見ることをおすすめします。
アバウト・シュミット [DVD]

サバイバル・オブ・ザ・デッドゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が、今度はゾンビ禍に見舞われた孤島を舞台に贈るホラー・サスペンス「サバイバル・オブ・ザ・デッド」。増え続けるゾンビの処遇を巡って島民たちが2派に分かれて対立、差し迫った危機を前に不毛な権力闘争を繰り広げるさまをシニカルに描く…。出演はアラン・ヴァン・スプラング、ケネス・ウェルシュ、キャスリーン・マンローなど。ジョージ・A・ロメロの前作はなんでしたっけ。「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」で合ってるかな?その前が「ランド・オブ・ザ・デッド」?この2作があまり好みじゃなかったにもかかわらず、最新作である本作を鑑賞。今度こそグッとくるかなと思ったんだけど…微妙でした。"人間の酷さ"を伝えたいのはわかるんだけど、肝心のゾンビが全然怖くないんですよね。馬に乗って走ってるゾンビが出てきた時は思わず苦笑いしてしまいました。「死霊のえじき」とかは結構好きだったけど、ここ数年のロメロ作品は…。
サバイバル・オブ・ザ・デッド [DVD]