fe40a06d

日本をはじめアジア5カ国でNo.1を記録したことでも話題になった、安室奈美恵のオリジナル・アルバム『Past<Future』の全国ツアー『Namie Amuro Past<Future Tour 2010』のLIVE DVDについて感想を。女性ソロ・アーティスト史上最多動員数を記録した前回はアリーナ・ツアーでしたが、今回はちょい小さめの箱でのツアーでしたね。安室くらいの大物なら「小さなとこではやらないわ」とか言ってもおかしくないのに、多少小さな箱だろうが全国細かく回るのは安室らしいですね。

今回のツアーといえば、途中で声帯炎になっちゃったことが印象的でした。歌手にとって喉は命みたいなもんだから「大丈夫かな」とほんと心配したけど、無事ツアーが終了してホッと一安心ですね。そういうのもあってDVD化されるのは7月の公演か、それとも11月の公演か注目が集まってましたが、コンディションのよかった7月の分がDVD化されました。購入してから何回見たかな。5回?6回?いや7回?寝るのも忘れて結構見ましたね。1回目見てまず思ったのが、歌にしてもダンスにしても安室のパフォーマンスが素晴らしいということ。声もめっちゃ出てるし、踊り倒し系曲のオンパレードなのにダンスもキレまくり…。ほんと素晴らしいの一言です。あっ、そうだそうだ。歌とダンス同様、肌もめっちゃ綺麗でいいですね〜。なにあの透き通った肌。ほっぺも太もももツルツルのプリプリで32歳(現在は33歳)とは思えない。…ってゴメンなさい、脱線気味ですね。軌道修正。

今回のツアーを支えるバンドはドラム倉内充、ベースFIRE、ギター生本直毅、キーボード石田まり。バックダンサーは男性陣がRYOJI、TADASHI、HIROKI、YUSUKEで、女性陣がNAO、NATSUMI、HIRoMI、IKKOというメンツになっています。では各曲の感想を…。

01. 『FAST CAR
人形劇ではじまり、安室は中世ブルジョア・ゴージャスなピンクのドレスで登場。扇子を使った華麗なダンスがいいですね。でもPVにあった一列に並んで踊るってのがないのがちょっと残念かも。ダンスの振り付けはSHUN。

02. 『ROCK STEADY
ピンクの衣装を脱ぎ捨て黒×赤の衣装に脱皮。あのブルジョア・ゴージャスなドレスの出番は1曲のみなんですね(笑)勿体ない気がしないでもない。曲については演奏が一瞬ストップするアレンジが施されています。ダンスの振り付けはSHUN。

03. 『COPY THAT
CMのファッショナブルなイメージが強かったから、最初「え?この黒衣装でコピザやっちゃうの?」と、ちょっと抵抗がありました。あとこれもSHUNによる振り付けなんだけど、男性ダンサーの腕立ては同じくSHUN振り付け・出演の倖田來未『Trust you』でも使ってましたね。

04. 『SEXY GIRL
基本的には前回と同じダンスだからOH! GIRLのAKO振り付けってことでいいのかな。前回との大きな違いは間奏のとこが男性ダンサーとの絡みバージョンになってます。この曲の振り大好きだから大きな変更がなくてよかったー。ホッ。

05. 『FUNKY TOWN
振り付けが変更されてるけど(教えてもらった情報ではAKO)…うーん、普通かな。でも途中で飛び出す安室の"高速"足ガクブルは好きです。

06. 『CAN'T SLEEP,CAN'T EAT,I'M SICK
『FUNKY TOWN』からノンストップでなだれ込むかたちではじまります。また振り付けが変更されてますね…。教えてもらった情報によると今回担当したのはJuNGLEらしい。何度も言うけど俺はShawnette Heardによる元祖の振りが一番カッコいいと思うんだけどなぁ。なぜ変更するよ。元祖の振りが拝める機会はもうないのかな…あぁ…残念。

07. 『FIRST TIMER
「F★*K!」とか言ったりMC Hammerダンスを踊っちゃうシュールな人形劇のあとに、白色ワンピに茶色のジャケット&ハットに衣装替えして登場。ジャケットの肩が微妙に尖がってんのがいいですね。でもどうせならもっと尖らせてもよかったかも?なーんて。ダンスの邪魔になるからダメか。振り付けはAKOらしいんだけど普通に好きかも。

08. 『WANT ME, WANT ME
振り付けが新しくなってますね。AKOによる新しい振り付けも嫌いではないけど、一番好きなのはPVのWARNERバージョンかな。でも手振りがなくなったのは嬉しいかも。

09. 『Bad Habit
LOVEの文字のセットを使ったダンスが印象的な1曲。Oの文字からニュルッと現れたHIRoMIの"おったまげ~"でお股"おっぴろげ~"な足技が炸裂!今回も相変わらずHIRoMIは最高ですねー。あとRYOJIも動きが綺麗ですよね。もちろん主役安室も"ど"セクシーで◎です。

10. 『WILD
ほぼ元のTETSUHARUの振り付けだけど、ところどころ違ってますね。間奏のバブリーな振り付けはIZUMIによるもの?なーんてね。曲がリミックスみたくなってるんだけど、これはこれで嫌いじゃないかな。安室による後半の「ゲッワーイッ!」の煽り&雄叫びが男前すぎ。

11. 『Dr.
前回のツアーではHIDE振り付けとの噂があったけど、今回もLICOが手掛けるみたいですね。NATSUMIの良さは言わずもがなだけど、TADASHIもいい踊りしますねー。NAOさんのパッツン前髪&ポニーテールもかわいい!…ってNAOさんだけ褒めるとこおかしいって?(笑)でもほんと似合ってます。安室は歌と歌の間の「ぷは~っ…」って表情がいいです。

12. 『Steal my Night
怒涛のダンス曲オンパレードにもかかわらず声がよく出てますね。間奏の首をまわして「はぁ…ふぃ~」と汗を拭う仕草がいい。振り付けはMITTANらしいけど…普通かな。

13. 『think of me
ベビドンPVを真似た人形劇のあとはじまる。衣装は頭にお花、ふわっとした花柄のワンピにコルセット、ニーハイブーツという装い。久々に聴くDallas Austin作のバラードだけどいいですねー。個人的に今回のライブ一番の見どころはこの曲かもしれない。これだけ完成度高いパフォーマンスが出来るのに、あまり歌わないのは宝の持ち腐れですよね。

14. 『The Meaning Of Us
T.M.Revolutionほど激しくはないけど、前方から風を受けながら歌うバラード。これもいいじゃないですかー。バラードが26曲中たったの2曲しかないなんて惜しすぎですよ。次回からもう1、2曲増やしてもいいのでは。多分ないだろうけど(笑)

15. 『Baby Don't Cry
やさしくそっと背中を押してくれる曲。観客との一体感がいいですね。途中で客席のある一点をじーっと見つめながら歌ってるけど誰を見てるんだろう。幽体離脱して会場に乗り込んでた俺のこと見てたのか?そうだ。きっとそうだ。そうに違いない!(アホ)

16. 『Do Me More
ヴィダルのCMが登場する人形劇のあと、黒&ゴールドのちょいアラビアンなフードの付いた衣装に着替えて登場。振り付けもちょいアラビアン・テイストでいいですね。

17. 『BLACK DIAMOND
前回のツアーとほぼ同じ振り付けってことはAKOですね。この振り結構好きだから大きな変更がなくてよかったです。でもシャイナさんの振りのとこが人数減っちゃってて少々残念でした。できればダンサー総動員でやってほしかったなぁ。

18. 『LOVE GAME
YUSUKEと1対1で踊る"美女と野獣"バトル。1対1ってのは新鮮だしおもしろいと思うんだけど…YUSUKEの表情がいろんな意味でちょっとインパクトありすぎるかも。彼は他の曲でもよく歯をむき出すような表情するけど、出来ればもう少し抑え目にしてほしい…です。主役の安室はすごくいいんですけどね。ちなみに振り付けはSHUNです。

19. 『ROCK U
安室のスタンド"男前アムロ"が発動するナンバー。"ダーンダーンダーンダーンダーンダーンダーン♪"の挑発的な腰振り連発や男性ダンサーとの駅弁F**K、中指ぶっ立て&阻止もいいけど、それよりもなによりも安室の歌がいいですね。振り付けはTETSUHARUと聞いたけど本当だろうか。

20. 『WHAT A FEELING
振り付けはほぼ原曲のTETSUHARUのままですね。この曲はPVの赤ドレス安室のようなヘアスタイル&ファッションで歌い踊ってほしいんだけど、ライブでは大量の汗かくし無理か。

21. 『Shut Up
バンド・メンバーのFIREと生本直毅と絡むロッキッシュ・チューン。バンド・メンバーが本領発揮できる1曲かも?ですね。

22. 『Defend Love
「イェーーーーーーッ!」の時の全力のパーの手がいいですね。めっちゃかわいい(笑)でもサザエさんのノリで思わずチョキを出してしまう俺。振り付けはSHUNが手掛けてるんだけど普通かな。特に好きでも嫌いでもないです。でここで一度幕が下りる。

23. 『COPY THAT (Remix)
Tシャツ&デニム・スカート、そして頭にはちょこっとティアラ?王冠?を乗せた衣装にチェンジして登場。リミックスとはいえ同じ曲を2回やるのはちょっと微妙かな。できれば他の曲にしてほしかった。ちなみにここでバンド・メンバーとバックダンサー紹介があります。

24. 『Break It
ロッキッシュなダンス・チューンなのでライブで映えますね。TETSUHARUによる振り付けもなかなかいい感じで、ダンサーと一体になってウェーブを作るとことか好きです。

25. 『Get Myself Back
Nao'ymt作の美しいナンバーを感情を込めて歌い上げる。

26. 『MY LOVE
ラストはかわいく『MY LOVE』で〆。バックのセットも"LOVE"だしいい感じですね。

最初の方でも書いたけど、歌、ダンスともに安室のパフォーマンスはほんと素晴らしいですね。あの細い体のどこにこれだけのスタミナがあるんだろう。歌手というかアスリートの域だわ。今回も全体を通してダンスチューンが網羅されたスピード感あふれる曲構成になってていいんだけど、ちょっと気になった点もいくつか。カメラアングルや映像編集についてじゃないですよ。前回不満が続出してたカメラや編集については今回ほとんど気になりませんでした。

今回気になったのは、小道具系が『FAST CAR』の扇子だけってのがちょっと寂しく感じました。安室といえば鉄棒っていうのかな。前回のツアーの『Top Secret』とか鉄棒を使った激しくも難易度高いダンスが見応えもあったし、いいアクセントにもなってましたよね。『Hide & Seek』のフラッグを使ったパフォーマンスも好きだったなぁ。あと『NEW LOOK』や『GIRL TALK』などの"ダンサブルなんだけど可愛い"曲がないのも気になりました。小道具にしても"ダンサブルなんだけど可愛い"曲にしても別になくてもいいんだけど、今回のライブはそれらがないことの影響か、ちょっと平坦に感じるというか、激しいダンスチューンが続きすぎて軽くダレそうになる時がありました。でもそれは曲構成のせいだけではなく、振り付けや見せ方が少々マンネリ気味ってのもあると思うんです。あっ、これはあくまでも俺個人の意見であって、他の方に同意してもらおうとかは思ってないので気にしないで下さいね。嫌な人は読み飛ばして下さい。

振りに関しては、前回だと『SEXY GIRL』や『BLACK DIAMOND』あたりツボで見てて大興奮したけど、今回はクリティカル・ヒットするものが…ありませんでした。でもバラードに関しては文句の付けようがないですね。久しぶりに聴く『think of me』なんて最高すぎて何度見たことか。個人的に一番グッときたのが踊り一切なしの『think of me』ってのがなんとも言えない感じだけど、たまにはそういうライブがあってもいいのかなーなんて。まあいろいろ書きましたが、安室自身の歌とダンス、そしてスタミナ、あと余談だけど肌のコンディションの良さについては本当に感動したし、今回も素晴らしいコンサートになってると思います。