フライトプラン最新鋭のジャンボ旅客機内でジョディ・フォスター扮するヒロインが、最愛の娘を取り戻すため、全乗員乗客を相手にたった一人で戦いを挑むサスペンス・アクション「フライトプラン」。監督はドイツの新鋭ロベルト・シュヴェンケで共演はピーター・サースガード、ショーン・ビーンなど。この映画は以前にテレビかなにかで鑑賞したことがあったんだけど、ちゃんと見たかったので改めて鑑賞し直しました。テレビで見た時から「ちょっと微妙かな」と思ってたけど、やっぱこれちょっと微妙ですね。でも前半は結構ハラハラさせてもらいました。「子供の存在を否定されて母親が大騒ぎって…「フォーガットン」みたいなSFオチだったらどうしよう」なんて冗談まじりで思ってたんだけど、そっち方向のオチではなくてある意味一安心。でも何度考えてもこの計画はナシだよなぁ…。無理がありすぎなのにサクッと成功しちゃうのは映画だからってか。謎解きでガッカリしたくない人は見ない方がいいかも?
フライトプラン [DVD]

コール3人家族を個別に誘拐、監禁し、24時間以内に身代金強奪を遂行する用意周到な犯罪一味と、誘拐された一家の攻防をスリリングに描いたクライム・サスペンス「コール」。監督は「メッセージ・イン・ア・ボトル」のルイス・マンドーキ。主演はシャーリーズ・セロンで、その娘役で天才子役ダコタ・ファニング。共演はケヴィン・ベーコン、スチュアート・タウンゼント、コートニー・ラヴなど。ダコタちゃんとシャーリーズ・セロンが出てるってことで鑑賞したんだけど、これ結構よかったです。大袈裟かもしれないけど、久しぶりにハラハラさせてもらったかも。よかったのは、家族側と犯人側の両方の背景がしっかり描けてるというか、両者の視点で見ることが出来るので、話にグッと入っていけた点かな。結末もなんともいえない余韻が残る感じで…ね。ていうか「この女性、なんか見たことあるなぁ…」と思ったらコートニー・ラヴだったんですね。ちょっとビックリ(笑)
コール [DVD]