4fb628f2

女性らしいしなやかな歌声とスキルフルなダンスで人気の女性アーティストCiaraの4thアルバム『Basic Instinct』について独り言。前作『Fantasy Ride』も苦戦した感があったけど、本作もリリースに至るまで延期があったり結構ひやひやさせられましたよね。今度こそ絶対にコケられない、そういう位置づけになる渾身の作品なわけだけど、さてどんな内容になってるんでしょうかね。

本作の発売に漕ぎ着けるまで結構な数のシングルを放っていて、売れっ子コンビC. "Tricky" Stewart & Terius "The-Dream" NashプロデュースでLudacris客演の、Ciaraの囁くようなソフトな歌声とトランシーなトラックが絶妙な相性をみせる『Ride』、こちらもC. "Tricky" Stewart & Terius "The-Dream" Nashコンビが手掛けたメロディアスなミディアム・スロウ『Speechless』、そしてCiaraらしい攻撃力高めのダンス・チューン『Gimmie Dat』と、シングル3曲すべてにC. "Tricky" Stewartが関わってます。

というのも、本作はエグゼクティブ・プロデューサーをC. "Tricky" Stewart & Terius "The-Dream" Nashの2人が担当していて、他の曲もこの2人(特にC. "Tricky" Stewart)がほとんどプロデュースしてるんですよね。これが吉とでるか凶とでるか…。

注目の楽曲は、なんといっても歌って踊れるUsherと共演した『Turn It Up』でしょう。イマドキのアゲアゲ・ダンスチューンなんだけど、これが次のシングルに予定されてるのかな?踊れる2人の共演ということでPVがめっちゃ楽しみですね〜。あとお気に入りなのは、囁くようにしっとりと歌い上げるスロウ『I Run It』かな。アップが多い中で際立ってるというか、不思議な魅力を放っていて好きですね。

これら以外の曲も簡単に書き出すと、Survivor"Eye Of The Tiger"をサンプリングしたストリート寄りのオープニング・ナンバー『Basic Instinct (U Got Me)』、浮遊感のあるダンサブル・ビートとキャッチーなフックが◎な『Heavy Rotation』、Gwen Stefaniあたりが歌っても違和感を感じないであろうキュートな楽曲『Girls Get Your Money』、HIP HOP寄りのトラックをクールに乗りこなしてみせるドロドロ・キラキラ曲『Yeah I Know』、一聴した段階でThe-Dreamが関与してることがわかっちゃう『You Can Get It』、なんとなくレゲエっぽい雰囲気が漂ってるような気がする『Wants For Dinner』と、"ストリート・ミーツ・ポップR&B 2010"な1枚になってます。

実をいうとこのアルバムが出る寸前まで「絶対に期待しない方がいいだろな」と期待値を低く設定してたんですよ。それが功を奏したのか、思ったほど悪くないというか意外と楽しめました。たしかにガツンとくる曲はないかもしれないけど、全体的に及第点超えした楽曲がならんでますよね。今が踏ん張りどころのCiaraちゃん。がんばれ!応援してます。