a233b751

甘渋いソウルフルな歌声で人気を集め続けている男性R&B/SOULシンガー・ソングライターJohn Legendと、HIP HOPバンドThe Rootsの2組によるコラボレーション・カヴァー・アルバム『Wake Up!』について独り言。実力、人気ともに文句なしの両者がコラボってだけでもテンション上がるのに、1960〜1970年代のソウル・ミュージックをカヴァーしたアルバムときたもんだからそれだけで失禁ものですよね。

全12曲中、10曲のカヴァー曲が収録されてるんだけど、恥ずかしながら原曲を知ってたのはDonny Hathawayの『Little Ghetto Boy』とMarvin Gayeの『Wholy Holy』、あとHarold Melvin & The Blue Notesの『Wake Up Everybody』がかろうじてわかったくらいで…。なので最初は「知らない曲がほとんどだから楽しめるかな」という不安もあったけど、見方を変えれば「原曲との比較など変な先入観なしで楽しめるからそれはそれでアリか」と、構えることなく聴くことが出来ました。

本作からのリード・シングルはCommonとMelanie Fionaをフィーチャーした『Wake Up Everybody』でしたね。この曲をカヴァーすると知ったときは、原曲の方も甘渋いしゃがれ声だからJohnにピッタリな選曲だなと思いました。そのうえ今回はMelanie FionaとのデュエットでさらにCommonのラップもありということで、原曲とはまた違った良さが出てて思わずニヤリ。PVもいい感じでしたよね〜。

他のカヴァー曲もJohnの甘渋い歌声とThe Rootsの心地よいバンド演奏が織り成す「聴けば聴くほど良さが滲み出てくる」ものばかりで好印象。R&B、SOUL、HIP HOPはもちろんのことREGGAEやゴスペルっぽい曲まであって地味にバラエティに富んでるのもいいですね。

この2組がコラボするに至った経緯は、オバマの大統領就任があったからとかいろいろいわれてるけど、俺は「今の流行に乗っかることに抵抗を感じてる者同士が意気投合し制作に至ったのかな」なんて勝手に思ったりしてます。John Legend『Green Light』とか個人的には好きだけど、発表されたとき「これ…本人は本当に歌いたくて歌ってるのかな」という疑問が引っ掛かってたんですよね。まあ俺のどうでもいい憶測はさておき、本作はお互いのいい部分を上手く引き出し合った秀作になってます。

流行りのエレクトロや美メロ系もいいけど、こういうR&B/SOUL本来の良さが味わえるというか、生バンドならではのグルーヴ感や泥臭さが堪能できる作品もほんと素晴らしいですね。「知らない名曲と出会える」というのもカヴァー・アルバムの醍醐味のひとつだと思うので、そういった面でも買ってよかったと思える1枚でした。