51dFAeO01HL

マイアミのパーティー番長ことPitbullの6thアルバム『Planet Pit』(DELUXE EDITION)について独り言。友達が内輪のイベントなどでまわしてるんだけど、そいつがこの夏よく言ってた言葉…「困ったときはPitbull」。たしかに今夏はいろんなところで耳にしたし、俺自身も家で車でと結構聴きまくったな〜。Enrique Iglesias『I Like It feat. Pitbull』と、そして本作に収録されているヒット曲『Give Me Everything feat. Ne-Yo, Afrojack & Nayer』とかね。

その『Give Me Everything』だけど、これ否が応にもテンション上がっちゃいますよね。T-Painをフィーチャーした本作からの1stシングル『Hey Baby (Drop It To The Floor)』はあんまグッとこなかったけど、『Give Me Everything』は1回聴いた段階でガツンときました。この2曲に続く3rdシングルはMarc Anthonyがフックを担当した『Rain Over Me』だったかな?売れっ子RedOneがプロデュースしてるんだけど、鬼キャッチーでこれも結構アガりますよね〜。

シングル以外(アルバム曲)でお気に入りなのは、Dr. LukeプロデュースEnrique Iglesias客演の『Come N Go』、T-Pain、Sean Paulと濃いメンツが集結した夏にピッタリの『Shake Senora』、Chris Brown客演のエレクトロ『International Love』、『Motivation』が大ヒットを記録したKelly Rowlandのセクシーな歌声がいい『Castle Made Of Sand』(DJ Frank EプロデュースでJamie Drastikも客演)、1回目はそうでもなかったけど繰り返し聴くうちにハマっちゃった『Where Do We Go』(Jim JonsinプロデュースJamie Foxx客演)あたりかな。

あとDavid GuettaとAfrojackプロデュースの『Something For The DJs』はイントロが安室奈美恵『Baby Don't Cry』に似てるのがおもしろくって結構聴いちゃってるかも(なんやそれ。笑)

で本作は曲数の多いデラックス・エディションで、Akonをフィーチャーした『Mr. Right Now』、T-Pain & Sean Paulに加えLudacrisまで参加しちゃった『Shake Senora (Remix)』、Nellyがいい味出してる『My Kinda Girl』など4曲がプラスされ、全16曲というボリュームになっています。

曲数が多いから1枚丸ごと聴こうとすると途中でちょっとダレそうになるけど、曲単位で聴く分にはまったくもって問題なし。間もなく9月だけどまだまだ暑い日が続くだろうから、夏にピッタリのこのアルバムにもうちょいお世話になるんだろうな〜。