41sBXm3GekL

歌って踊れる人気男性R&BシンガーOmarionの日本独自企画盤『The King Of Dance Omarion Best OI』(DVD付き初回生産限定盤)について感想を。B2Kの一員としてシーンに登場したのが懐かしいOmarion君の本作は、2009年の6月あたりにリリースされた1枚。まあ簡単にいえばベスト・アルバムですね。現在のソロとしての楽曲以外にもB2K時代の曲やBow Wowとのコラボ・アルバムからも選曲されているのが特徴か。

CDラックの奥から引っ張り出しかなり久しぶりに聴いたんだけど、いい曲多数でここ数日ずっとリピートしまくってました。どれもほんといいけど、そのなかでも個人的にお気に入りなのがTimbalandプロデュースの『Ice Box』なんですよね〜。この怪しいサウンドというか雰囲気が好きなんだけど、ちょっとしたホラー映画のようなPVも結構中毒性があって何度も繰り返し見た覚えが。

Timbalandといえば10曲目収録のサントラ「Feel The Noise」提供曲『Cut Off Time』も彼によるプロデュースですよね。歌って踊れる女性シンガーKat Delunaとデュエットしたアップ・ナンバーで、これも地味にいいですよね〜。付属してるDVDにもこの曲のPVがちゃんと収録されてるのもポイント高いかも。というか実はこの曲のPV目当てで本作を購入したんですよ。当時、Omarion関連のアルバムは全部持ってるから本作はパスしようとしてたんだけど、『Cut Off Time』のPVが収録されると知り購入を決意。歌って踊れるコンビの共演PVをスルーすることは出来ませんでした^^;

他の曲も簡単に触れると、The Neptunesプロデュースのヒット曲『Touch』、良曲を書くことで知られるThe Underdogsによるスロウ・ナンバー『O』、B2K一の名曲といっても過言ではないメロディアス・ナンバー『Why I Love You』、"Pied Piper"ことR. Kellyが手掛けたHIP HOP色濃い目のリミックス『Girl Friend (Pied Piper Remix)』、P. Diddyの援護射撃が効いたヒット曲『Bump Bump Bump』、The Underdogsならではの安定感抜群のミッド『I'm Tryna』、そしてBow Wowとのコラボ・アルバムから選出された『Hey Baby (Jump Off)』&『Girlfriend』などなど、シングル曲のみならずアルバム曲も収録されたボリューム満点の全20曲が収録されています。

ちなみにPVを収録したDVDの方は全11曲で、こちらもソロ曲以外にもB2K時代のものやBow Wowとのコラボ曲など、主要曲がばっちり収録されています。ファンの方はコレクション・アイテムとして、また新規の方は入門篇としていかがでしょうか。