d1c6d9c7

歌って踊れる男性アーティスト三浦大知の3rdアルバム『D.M.』(DVD付き)について。2011年11月30日にリリースということは大体4年くらい前の作品になるんですね。久しぶりにCDラックから引っ張り出して聴いてたので軽く感想みたいなものをアップしちゃいます。

本作からのシングルは『The Answer』、『Lullaby』、『Turn Off The Light』、あとデジタル・シングル『Touch Me』で合ってるかな?この中で一番好きなのは『Touch Me』ですね。プロデュースは安室奈美恵作品でおなじみのNao'ymtが担当。この曲はとにかくサビがキャッチーで、気づいたら自然と口ずさんじゃってるなんてことがよくあります。Nao'ymtはオープニングをかざる『Black Hole』も提供してるのだけど、こっちもスルー厳禁の出来になってますよね。硬質なフューチャリスティック・サウンドが炸裂する攻めの1曲で、俺は一聴した段階で惚れました。

『The Answer』と『Lullaby』は黒木メイサや安室奈美恵作品も手掛けるU-Key zoneがプロデュース。前者はシンセビートが効いたアグレッシブなナンバーで、後者は美しいミディアムナンバーといった感じですね。そして『Turn Off The Light』は大知とコラボしたこともあるleccaが制作に名を連ねた豪華なアップ曲。『The Answer』も悪くないけど、どちらかというと『Turn Off The Light』の方が好きかな。

…と、シングル曲を中心に紹介してきましたがこれら以外も好曲ぞろいで、サルサっぽいトラックが印象的な『Illusion Show』、誰がどう聴いてもMichael Jacksonの顔が脳裏をよぎっちゃう『Love Is Like A Bass Line』、UTAと大知が共同でプロデュースしたファルセットが心地よい『Only You』、STYプロデュースによる夜っぽいというか雨を連想させる感じが個人的にツボなしっとり曲『4am』、ほんのりロッキッシュな『Run Away』、大知が作詞、作曲、プロデュースを担当したとっても心地よいエンディングナンバー『Magic Word』と、彼のいろんな魅力が詰まったバラエティに富んだ1枚に仕上がっています。

久しぶりに聴いたけど今聴いても全然アリというか気づいたら2周くらいリピートしちゃってました。間もなくNEWアルバムがリリースされるんでしたっけ。そちらも楽しみですね。