0dade068

"ネクスト・マライア・キャリー"なんて言われてデビューしたキュートな歌姫Ariana Grandeの1stアルバム『Yours Truly』(DVD付きDeluxe Edition)について独り言。俺のArianaの最初の印象は「PVでいつも上目遣いで目をパチパチさせてる子(ぶりっ子)」でした。なので本作も最初は「若い子向けなんだろな」とスルーしてたんですよ。でもある日2ndシングル『Baby I』を耳にしたときに俺のアンテナがピクッ!と反応。「このどこか懐かしい感じ…嫌いじゃない」と本作の購入に至ったわけです。

ライナーノーツを見ると「90年代R&Bを意識した」と書いてあって納得。そしてビックリしたのが制作陣ですよ。詳細を知らないで購入したのだけど、まさかのBabyfaceががっつりと関与してておったまげ。なんだよー、早く言ってよ(笑)前述の『Baby I』もBabyfaceとAntonio Dixonがプロデュースを担当。どうりでキャッチーで上質なわけだ。

ということでBabyfaceが手掛けた楽曲も粒ぞろいですが、もうひとつ注目なのがサンプリング。元カレBig Seanをフィーチャーした『Right There』はThe Jeff Lorber Fusion"Rain Dance"使い、Mac Miller客演の『The Way』はBrenda Russell"A Little Bit Of Love"使い、そしてMary J. Blige"Real Love"を使った『Lovin' It』と、俺好みの元ネタがたっぷり使用されてるんですよね。ネタ使いも含めこのアルバムのこの感じ…若い子よりもおじさんの方がはまるかもしれませんね。

個人的にツボな曲は以上ですが、他もなかなかの出来で、Babyfaceが手掛けた『Honeymoon Avenue』、『Tattooed Heart』、『You'll Never Know』、キュート&キャッチーな『Piano』、持ち前の歌唱力を活かしたラブソング『Daydreamin』、元カレNathan Sykes(The Wanted)とデュエットしたバラード『Almost Is Never Enough』、シンガーソングライターMikaをフィーチャーした元気印な1曲『Popular Song』、 そして本編のラストをかざるダンスチューン『Better Left Unsaid』と、懐かしい曲あり、明るい曲あり、バラードあり、ダンスチューンありと、彼女の魅力をいろんな方面から引き出したお披露目アルバムに相応しい内容になっています。

さらに本作はDVD付きDeluxe Editionということで、CDはリミックス3曲をプラスした合計15曲、DVDにはシングル曲のPVやインタビュー映像が収録されています。

Arianaのかわいらしいルックスもいいと思うし伸びやかな歌声も好きだけど、それ以上にこの90年代R&Bを意識したノリ…やっぱいいな〜。一本取られました。