30e06896

最近ダイエットに成功したと話題の歌姫Mariah Careyの11枚目となるオリジナル・アルバム『Me. I Am Mariah... The Elusive Chanteuse』(Deluxe Edition)について。クリスマス・アルバム2枚とサントラ『Glitter』を含めると14枚目?すごいですね。昨年リリースされたベスト・アルバム『#1 To Infinity』のジャケットは、修正でボディラインを細くしすぎておかしなことになってましたが、冒頭で述べたとおり見事20キロのダイエットに成功したみたいですね。これでもう修正はいらない?…って余計なお世話ですね。すみません。

さて本作は2年前の2014年の作品。本作に先駆けMiguelとデュエットした『#Beautiful』がヒットしてましたよね。そのいい流れで本作のリリースに至ったと思ってたのだけど、このアルバム…あまり売れなかったみたいですね。それが関係してかレコード会社をEpicに移籍。

MariahとRodney Jerkinsが共作した2ndシングル『The Art Of Letting Go』はちょっと微妙かなと思ったけど、同じくMariah & Rodney作の美曲で3rdシングルの『You're Mine (Eternal)』と、Jermaine DupriとBryan-Michael CoxプロデュースでラッパーWale客演のリズミカル&キャッチーなナンバー『You Don't Know What To Do』(4thシングル)あたりは結構いいと思ったんだけどなぁ…うーん。

シングル曲以外に目を向けると、これがセールス不振を物語ってるような「悪くはないけど特に良くもないような、ちょっと微妙な曲」がちらほらある印象なんですよね。しっとり聴かせる感じのオープニング・ナンバー『Cry』、The-Dreamっぽい"エーエーエー"が頭に残る『Faded』、Nasのラップが援護射撃する『Dedicated』、ちょいHIP HOP寄りな『Thirsty』、曲のもつキラキラ感とFabolousのラップのもっさり感がおもしろい相性をみせる『Money($*/...)』など、前述したように"良くも悪くも並レベル"の曲が多いかなーと。

でもでも!ちゃんと良曲もあってですね、Jermaine Dupri & Bryan-Michael Coxが手腕を発揮したソウルフルチューン『Make It Look Good』、同じくJermaine Dupri & Bryan-Michael CoxプロデュースでMariahの子供たちの声をフィーチャーした『Supernatural』、なんとあのQ-Tipがプロデュースしたダンスチューン『Meteorite』、George Michaelのカヴァーに挑んだ『One More Try』あたりは結構リピートしちゃってるかも。Deluxe Editionのみに収録されている曲もめっちゃ豪華で、Mary J. Blige客演の『It's A Wrap』やR. Kelly客演の『Betcha Gon' Know』なんかもあったりするので要チェックですよ。

キラーチューンがなかったりするのがちょっと残念ですが、決して悪い内容ではないので聴く価値はあると思います。「気になってるぞ」という人は試聴だけでもぜひ。