image_114644

Marques "Batman" Houston、Jerome "Romeo" Jones、そしてKelton "LDB" Kesseeの3人からなる男性R&BグループImmatureの3rdアルバム『We Got It』について。男性R&Bグループなんて言っちゃったけど、当時の彼らは14歳くらいなのでキッズグループと言った方がいいかもしれませんね。彼らといえば何年か前に再結成するとか話題になった気がするけど、グループとしてのNEWアルバムが出てないところをみるとあまり上手くいかなかったのかな?それともこれから出るのかな?Marques Houstonの歌声は結構好きなんでちょっと楽しみにしてたんだけど…さてどうなるんでしょうかね。

再結成話はこれくらいにして、本作といえばやはりアルバムタイトルにもなってる『We Got It』ですよね。アメリカのFUNK/SOULバンドChocolate Milk"Girl Callin'"をサンプリングしたグルーヴィー&ファンキーなナンバーで、おまけにとってもキャッチー(意味不明)。プロデュースはもちろんChris Stokesで、本作のほとんどの楽曲のプロデュースを担当しています。

その仕事ぶりはといいますと、やはり3人の魅力をよくわかっているといいますか、3人の甘酸っぱくも青い歌声を活かした"いい意味で"気だるいねっとりグルーヴィーな楽曲が多く収録されていて、『Lover's Groove』、『Just A Little Bit』、『I Don't Know』、『Pager』、『Crazy』、『I Can't Stop The Rain』、『A Boy Like Me』、『Candy』、『Pay You Back』なんかがそれに当たると思います。「え?…ってそれ、収録曲のほとんどじゃねーかよ!」って声が飛んできそうだけど本当にそうなんですよ(笑)

そんな中でアクセントになってるのが、壮美なトラックが印象的なキラキラ・バラード『Please Don't Go』、Jackson 5"I Want You Back"を髣髴とさせるような『When It Love』の2曲。個人的には『When It Love』は推せますね。先述したねっとりグルーヴィーな楽曲群もいいけど、『When It Love』は頭ひとつ抜けてる印象かな。お気に入り度はヒット曲『We Got It』といい勝負かも!…ってそれはちょっと言いすぎか。

1995年発売ということは…21年前!?あっという間というか考えるといろいろ怖くなりますね(笑)それだけ前の作品なので中古なら1円で買えます。