swvcover

Cheryl "Coko" Gamble、Tamara "Taj" Johnson、Leanne "Lelee" Lyonsの3人からなるベテラン女性R&BグループSWVのヒット曲を網羅したベスト・アルバム『Greatest Hits』について。彼女たちといえば一度解散していましたが数年前に再結成し、アルバムをリリースしたりライブをするなど精力的に活動を再開。個人的にリードボーカルCokoのハイトーンヴォイスが大好きなので嬉しい限りです。

俺は『You're The One』でSWVと出会ったので、「本作の中で一番好きなのは『You're The One』!」と言いたいところだけど、本作に収録されているのはそのリミックス2曲『'96 Anthem - You're The One (Allstar Remix)』と『'96 Anthem - You're The One (Allstar Rap Remix)』…。ということで少々残念ではあるんですが、このリミックス2曲もJay-ZやBusta Rhymesが参加するなど豪華で嫌いじゃないのでとりあえずよしとします。

リミックス繋がりでいくと13曲目『Right Here/Human Nature』 もスルー厳禁ではないでしょうか。タイトルでわかる人もいると思うけど、Michael Jackson曲使いでリミックスを担当したのはTeddy Riley。そしてPharrell Williamsがラップで参加と地味に豪華な仕様になってるんですよね。

リミックス以外のオリジナル・バージョンの曲も触れていきますね。「SWVといえばこの人」的な人物Brian Alexander Morganプロデュースの説明不要のヒット曲『Right Here』、『I'm So Into You』、『Weak』、1stアルバムからのシングル群の中では少々地味かもしれないけど個人的には結構好きな『Downtown』、ブレイク前のThe Neptunesが手掛けたしっとり感のあるミディアムスロウ『Use Your Heart』、変態"チキチキ"サウンドで一時代を築いたTimbaland & Missy Elliottによる『Can We』、こちらも大ネタ使いで大ヒットを連発したPuff Daddyがプロデュースのみならずラップでも参加した『Someone』、そしてBrian Alexander Morgan作の水滴音が印象的な濡れたスロウ『Rain』など、シングル曲を中心に美曲からHIP HOP寄りの曲まで幅広く堪能することが出来る1枚になっています。

En VogueやTLCら同様、ヒット曲を連発しシーンを引っ張ってきた彼女たちの主要曲が手軽に味わえるので、SWVのことが気になるぞという人はぜひチェックを。