aHR0cD

金髪&短髪のルックスがインパクト大だったフィメール・ラッパーEveのデビュー・アルバム『Ruff Ryders' First Lady』について。EveといえばSwizz BeatzやDMXらが在籍していたHIP HOPクルーRuff Rydersの一員でしたよね。

そんな彼女が1999年にリリースした本作。当時はSwizz Beatzを筆頭にRuff Rydersの勢いがあり、それが手伝ってか本作もビルボード・チャートで1位を獲得するなど大ヒットを記録しました。『What Ya'll Want』、『Love Is Blind』、『Gotta Man』など、収録されているシングル曲もヒット済のものばかりで、久しぶりに聴いたにも関わらず口ずさめてる自分にビックリですよ。

『What Ya'll Want』はボーナストラック扱いでリミックス・バージョンが収録されているんだけど、この曲のオリジナルはRuff Rydersのコンピレーション・アルバムに収録されてましたよね。どちらもラテンというかサルサ系のトラックが情熱的で◎。他の2曲もSwizz Beatz産のキラーチューンで、フック、トラック、なにもかもが鬼キャッチーな『Gotta Man』、美しさと可愛さが同居した感じのギャル受けばっちりなメロディアス・ナンバー『Love Is Blind』と、シングル曲はお世辞とか大袈裟抜きで捨て曲はなし。

アルバム曲もシングル曲に引けを取らない仕上がりでSwizz Beatzの本気度がうかがえます。イントロにしておくのが本当に勿体無い雄度100%のアゲ曲『First Lady (Intro)』、Drag-Onとの息の合った掛け合いが小気味よい『Let's Talk About』、Beanie Sigelが歌う"フィリフィリ~♪"や鼻歌が頭にこびり付く『Philly Philly』、Missy Elliottのキャラが炸裂し主役のEveが若干霞んじゃってる『Ain't Got No Dough』、 DMX、The Lox、Drag-Onとクルーの男連中が暴れ倒すなかそれに負けじとEveも応戦する必聴曲『Scenario 2000』、タイトルからもわかるとおり狂犬DMXが存在感を放ちまくる『Dog Match』、そしてEveのフロウとSwizzのフックのカッコよさに否が応でもテンションが上がる 『Maniac』など、アゲ曲を中心に好曲がひしめく充実作になっています。

Eveのラップも切れ味鋭くてカッコいいけど、クルーの紅一点のソロ・デビュー作ということで男連中がしっかりバックアップしてるのもいいですね。昔の作品ではあるけれど今聴いても全然イケますよ。