51gABBpyUUL

Jermaine Dupri率いるSO SO DEFのフィメール・ラッパーDa Bratの3rdアルバム『Unrestricted』について。Da Brat…そういやここ数年名前を聞かない気がするけど音楽活動してるのかな。アルバムも2003年に出した4thアルバム『Limelite, Luv & Niteclubz』で止まってますよね。最後に名前を聞いたのはバーかクラブで酔って従業員を殴って逮捕みたいなニュースだったような…。

本作の話題に戻ります。「Da BratといえばJD」ということで本作も例に漏れずJDががっつりとプロデュース。彼以外の作家陣も豪華で、TimbalandやKanye Westがプロデュースで参加してます。Timbalandはオープニングの『Intro』のみと少々残念なかたちでの関与なのですが、Da BratやTwistaの高速ラップが炸裂する意外と聴き応えのある1曲になっています。一方のKanye Westによる『Chi Town』も、ひんやり感のあるトラックがとっても心地いいナイトドライブ系のナンバーになっていて、聴き逃し厳禁の出来になってますよ。

このKanye曲がツボな人は13曲目『High Come Down』もイケるはず。 XscapeのLaTocha ScottとTrey Lorenzが客演したひんやりスムージーな歌モノなんだけど、こちらも夜のドライブで聴きたくなるような仕上がりになってるので機会があればぜひチェックしてみて下さい。

シングル曲に目を向けると、Da Bratのマシンガンラップが炸裂する『That's What I'm Looking For』、Tyreseがハスキーな歌声でフックを担当する『What'Chu Like』と、どちらもJDの手腕が光る出来になっていて余裕で及第点越え。

上記以外の注目曲もざっと触れていくと、JDとパーティー番長Lil Jonの援護射撃が効いた『We Ready』、サルサっぽいトラックに乗せラップする『F**k You』、こちらもサルサな歌モノ『What's On Ya Mind』(22、LaTocha Scott、Trey Lorenz参加)、ディーヴァKelly Priceをフィーチャーした『Runnin' Out Of Time』、そしてTLCなどのバックコーラスも務めるDebra Killingsの艶っぽい歌声が◎なバウンシー・チューン『Pink Lemonade』など、攻撃的な曲から聴きやすいメロディアスな曲まで幅広く収録された1枚になっています。

全17曲とそこそこ曲数が多いので、フルで聴こうとすると途中でちょっとダレそうになるけど、1曲1曲のクオリティはいいので曲単位で聴くことをおすすめします。