_SL1500_

この9月での芸能界引退を発表している安室奈美恵。そんな彼女の25周年ベスト・アルバム『Finally』(CD3枚組+Blu-ray 初回BOXスリーブ仕様)について。

内容は1992年発売のデビュー曲『ミスターU.S.A.』から、昨年発売の最新シングル曲『Just You and I』までの45曲に加え、パッケージ初収録となるセブンイレブンCM曲『Christmas Wish』や新曲6曲を含む全52曲を収録。簡単にいうと「2枚のベスト・アルバムに1枚のNEWオリジナル・アルバムがセットになった作品」って感じですかね。

たまに勘違いしてる人がいるけど、本作はシングル曲を完全網羅したコンプリート・ベストでもないし、当時の音源をそのまま使ったベストでもないです。抜けてるシングル曲もたくさんあるし、1曲目『ミスターU.S.A.』から39曲目『TSUKI』までは新しくレコーディングし直されたものになります。

ここで気になるのが再レコーディングされた楽曲の仕上がりについてですよね。よく他の歌手の人で"ヒット曲のNEWバージョン"とかいって悪い意味で原形とどめてないのとかあるじゃないですか(笑)変にためて歌ったりとか、昔のような高音が出ないからってごまかした歌い方をしたりとか。

今回の安室のベストに関してはその心配は一切しなくて大丈夫です。歌もトラックも新しく再録されてますが、どちらも原曲の印象を残したものになってるというか、ほぼ原曲どおりの仕上がりになってます。なのでぼーっと聴いてると再録したバージョンだと気づかないかも?ですね。

といっても新しくレコーディングし直されてるわけだし、「ここは原曲と結構違うな」とう箇所もあったり。個人的に気になったのは『CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK』と『WHAT A FEELING』。『CAN'T SLEEP, CAN'T EAT, I'M SICK』は全体的にちょっと軽くなりすぎてるのが気になります。『WHAT A FEELING』は「Steppin' out I'll keep steppin' out〜」のあとの「うぅ〜♪」がツボで何回聴いても笑っちゃうんですよね(笑)これ確実に笑わせにきてますよね?まあいろんな意味で気になったのはこの2曲くらいかな。

ここからはDisc.3の中盤以降(40曲目〜52曲目)の新曲ゾーンについて。正直に言うと、ここ数年の安室の楽曲がツボかというと「NO」です。シングル曲でいうと2012年の『Go Round / YEAH-OH』まではなんだかんだ言いつつも好きだったりするけど、それ以降は…うーん。なのでこのゾーンも『In Two』は好きだけど、他は嫌いとまでは言わないけど好みでもないです。

アルバム曲も含め、個人的には昔のようにR&B/HIP HOP路線の曲もやってほしかったんだけど、ここ数年の安室さんはアッパーな英語詞EDMや可愛い系の曲が好みだったようで…。現行R&B/HIP HOPで流行ってるようなダークなナンバーでクール&セクシーに歌い踊る安室…聴いてみたかったなぁと少々心残り。

まあ楽曲の好みは置いとくとして、1曲1曲のクオリティは高いし、再レコーディングした曲も期待を裏切らない仕上がりになってるので、一家に一枚の必需品であることは決定事項です。昨夜からはじまった菜々緒主演のドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」の主題歌『Body Feels EXIT』も収録されてますよ。