CS1704245-02A-BIG

ニューヨークはヨンカーズ生まれのラッパーLil' Zaneのデビュー・アルバム『Young World: The Future』について。発売は2000年で、当時は17歳という若さでした。このアルバム以降あまり名前を聞かなかったので、どうしてるのかウィキペディアで調べてみたら…4枚もアルバム出しててビックリ。地道に活動してたんですね^^;

本作の購入動機はBAD BOY所属の男性R&Bグループ112をフィーチャーしたヒット・シングル『Callin' Me』が収録されていたから。10年以上聴いていなかったのでどんな曲なのか忘れてたけど、聴いて思い出しました。そうそう、こういうラテン風味の曲でしたね。

久しぶりに聴くと地味に好曲が多数でですね、有名曲Sting"Shape Of My Heart"をがっつり敷いた『Ways Of The World』、大ネタZapp"Computer Love"使いのキャッチー曲『All About The Fun』、タイトルどおりKool & The Gang"Too Hot"をサンプリングした『Too Hot To Stop』など、大ネタ使いした曲が結構あって嬉しい再発見でした。そうです、俺大ネタ使い曲大好物なんですよ(笑)

他にもピックアップしたい曲があって、Lil' Zaneの高速ラップと制作にも関与してるAkonの歌が絡むスピード感溢れるナンバー『What Must I Do』、こちらもTwistaばりのマシンガン・ラップで攻める『None Tonight』、『Ride On 'em』、「エイ!!エイ!!」という合いの手が効いたRuff Ryders系のアップ『What's Up』、男性シンガーが歌うフックがメロディアスで頭に残るR&B寄りの『You Must Really Love Me』など、高速ラップを武器に多種多様なビートを乗りこなしています。

声のせいか17歳には思えないのは俺だけだろうか。リリックを見たら少年丸出しだったりするのかな(笑)大ネタ使い曲が好きな人はチェックしてみて下さい。