514NNi+wz35

今はハリウッド俳優としての方が有名ですよね。Will Smithが1999年にリリースした2ndアルバム『Willennium』です。ソロデビュー・アルバムだった前作『Big Willie Style』は、自身が出演してた映画「Men In Black」の主題歌をはじめ、『Gettin' Jiggy wit It』や『Miami』など、普段HIP HOPを聴かないような層も取り込めるキャッチーな曲多めな内容で大ヒットしました。

そのデビュー・アルバムから2年のスパンを経てリリースされた本作。前作同様、聴きやすいキャッチーな曲多めの内容になってますよ。

まずは本人主演の映画「Wild Wild West」のテーマソングだった『Wild Wild West』から。フックをアツく歌い上げるのは男性R&BグループDru Hill。リードSisqoの雄臭いハスキーなヴォーカルがとってもいいですね。

あとシングルでは、Poke & ToneのTrackmastersプロデュースでJodeciのK-CiがSisqoに負けじとしゃがれた雄ヴォーカルで援護射撃する『Will 2K』、同じくTrackmastersプロデュースでSugarhill Gang"Rapper's Delight"ネタの『Freakin' It』と、どちらも文句なしのキャッチーな仕上がりに。

他も大ネタ使いのキャッチー曲多めで、Peter Brown"Do You Wanna Get Funky With Me"ネタでタイトルを連呼するサビがクセになる『I'm Comin'』(Tra-Knox客演)、LTD"Back In Love Again"使いの『Da Butta』(Lil' Kim客演)、Rodney JerkinsプロデュースTatyana AliとMC Lyte客演の夏に合う感じの歌モノ『Who Am I』、夜を連想させるしっとり系『Afro Angel』、スクラッチが炸裂しまくる『So Fresh』(Biz Markie & Slick Rick客演)、DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince名義の『Pump Me Up』、Michael Jackson"Workin' Day And Night"サンプリングでフィメール・ラッパーEveをフィーチャーした『Can You Feel Me?』、そしてJill Scottの歌声に聴き惚れる濡れたナンバー『The Rain』など収録。

前作『Big Willie Style』を踏襲した内容になってるので、あのノリがツボだった人は本作も大丈夫でしょう。