51nCrgr5LRL

全世界トータル・セールス5千万枚以上、グラミー賞8冠、全米1位獲得シングル9曲、そしてアルバムは4作連続全米1位を獲得など、長年にわたりトップ・アーティストの座に君臨する歌って踊れる男性R&BアーティストUsherの8thアルバム『Hard II Love』について。

Usherといえば2017年だったかな。何人かに性病をうつしたとかで話題になってましたよね。その問題と音楽は関係ないけど、一応本作は2016年の作品なのでそれより前のものになります。

リード・シングルはラッパーYoung Thugをフィーチャーした『No Limit』でした。トラック、歌の乗せ方ともに結構HIP HOP寄りになっていて、派手さはないけどじわじわクセになる魅力があるかなと。で2ndシングルはファルセットを多用したゆったりEDM『Crash』。黒で統一されたMVも印象的でしたよね。あとラッパーFutureがいい味出してる『Rivals』もシングル・カットされたはずだと記憶しています。

お次は個人的注目曲を。ダークでHIP HOP色濃いめの曲かと思いきやサビでキラキラ調に転調する『Missin U』、The-DreamとTricky Stewart制作でLuke"I Wanna Rock (Doo Doo Brown)"をサンプリングした『Bump』、Drake作品でもおなじみのPartyNextDoorプロデュースの『Let Me』、軽やかな微エレクトロ曲だけどタイトルは「F*ck With Me」な『FWM』、最近流行りのアフリカンな要素を取り入れた『Stronger』、そしてRaphael Saadiqプロデュースの『Champions』あたりは結構好きかも。

上記以外も、夜を連想させるようなダーク&スロウ曲『Down Time』、壮大で神秘的なバラード『Tell Me』、そして国内盤のみのボーナストラックである『Good Kisser』とPharrell WilliamsプロデュースNicki Minaj客演の『She Came To Give It To You』など、全17曲を収録。

良く言うと大人の雰囲気漂う内容、悪く言うとガツンとくる曲が見当たらない…。ちょっと辛口かもしれないけどそんな感じですかね。なお本作よりも前に発表されたシングル『Good Kisser』と『She Came To Give It To You』は国内盤のみの収録なので購入する際はご注意を。