61qKXWss55_

音楽のみならずファッションやメイクでも同性の支持を得てトップを走るRihannaの8thアルバム『Anti』(国内盤)について。発売は2016年でした。実は本作が発売されたとき、最新の音楽をチェックしていなかったというか、あまり興味ない時期だったんですよ。なので本作が発売されたときもどこか冷めていてすぐは購入しませんでした。

でもシングル・カットされた『Needed Me』がめっちゃツボで速攻で購入。その『Needed Me』は売れっ子DJ Mustardプロデュースで、ひたすらダークな感じがたまらなくかっこいい1曲でしたね。あっ、シングルで思い出したけど、本作発売前に収録かと噂されていた『Bitch Better Have My Money』とKanye WestとPaul McCartneyとのコラボ曲『FourFiveSeconds』の2曲は未収録となっています。直前のシングルなど全部入りだと思ってる人はご注意を。

で本作からのシングルといえば忘れちゃならないのが大ヒットした『Work』ですよね。交際の噂もあったDrakeをフィーチャーしたちょっとエッチな曲で、ライブで腰を合わせるシーンが今でも印象に残ってます(笑)サビもキャッチーですぐ口ずさめちゃうのもポイント高いですよね。ちなみにプロデュースはBoi-1da。

あとシングルは…『Kiss It Better』と『Love On The Brain』もそうでしたよね?『Kiss It Better』はまあわかるんだけど、『Love On The Brain』は初めて聴いたとき「Rihannaがこんな古風な王道バラード歌うんだ」と軽く衝撃を受けたのを覚えてます。いい曲なんですけどね。トレンドセッターなイメージがあるので驚きました。レトロな味付けつながりでいくと『Higher』もそう。こっちもなかなかいい感じですね。

アルバム曲ではオープニングの『Consideration』が好きで、たまに聴くとリピートが止まらなくなるときがあるんですよ。簡単にいうと病み付き度100%。Rihannaは言わずもがな、客演のSzaも負けてないですよね。個性あるしなかなか存在感あります。

そんなこんなでダークな曲からレトロな曲まで多種多様な楽曲が収録された全16曲。内容に関しては文句ないけど、この国内盤の仕様に関してはちょっと不満が。歌詞も対訳もない国内盤ってどうなの…。ということで安価な輸入盤があるならそっちでもいいかもです。