864c7ae9

現在最も勢いのある女性アーティストBeyonceの妹Solangeのデビュー・アルバム『Solo Star』について。Beyonceパパ"Mathew Knowles"が機が熟すまでずっと大切に温めていた秘密兵器Solangeの待望のアルバムなんですが、残念ながら売上げ的には大コケしちゃいました。これはパパもBeyonceも大誤算でしょうね。The Neptunes、Timbaland、The Underdogs、Rockwilder、B2K、N.O.R.E.と、超豪華陣を招いてるというのにコケたらやばいでしょ…。ちゃんと元はとれたんだろうかと心配になります。

売上げの話はおいといてアルバムの内容の方は姉Beyonceには劣りますが、なかなか楽しめる楽曲が揃っております。中東あたりを意識したようなトラックに硬質なハンドクラップをちりばめた『Feelin' You Part.1』、N.O.R.E.が力を貸すオリエンタルな雰囲気漂うアップ『Feelin' You Part.2』、The Neptunesプロデュースのキラキラ可愛らしいミッド『Crush』あたりはシングル曲でしたよね(俺の記憶が確かなら)。

The Underdogsが珍しくバラードではなくRodney Jerkinsっぽい現行ミッドを提供した『Ain't No Way』、Platinum Status & Chris Stokesとくればわかりますね、甘酸っぱい共演B2Kをフィーチャリングし前傾姿勢のアップに挑む『Dance With You』、Timbalandプロデュースなんだけど若い女の子に提供ということで意識的にそうしたのか少々変態さが足りない『Get Together』、これまた甘酸っぱさ100%のLil' Romeo客演の『True Love』、流麗な中にもグルーヴィさを忍ばせた気だるいナンバー『So Be It』、美しいコーラスとギターのカッティングがキュートに混ざり合う『Feel Good Song』、Rockwilder手掛けるビートの利いたHIP HOP寄りのナンバー『Wonderland』、BeyonceとDamon Elliottが共同プロデュースした『Just Like You』、St. LunaticsのMurphy Leeをフィーチャーした微妙にREGGAEっぽいナンバー『Thinkin' About You』、姉Beyonceが妹のために腕を振るったつんのめり系アッパー『Solo Star』、曲全体に浮遊感が漂う『I Used To』、美しいアコースティック・ナンバー『Sky Away』、Beyonceがプロデュース&客演しDa Bratも参加した好ミッド『Naive』(ボーナストラック)と、会心の一撃曲こそありませんがデビュー・アルバムとしては上出来のアルバムに仕上がっていると思います。

結婚&出産後、音楽活動再開などといったこれといった情報がありませんが、せめてあと1枚くらいはリリースしてほしいですね。あのBeyonceの妹ならこのまま引き下がるはずはないと思っています。次回作でぜひリベンジをして下さい。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS