2cac66e0

前作をリリースしてまだ1年弱しか経たないというのに早くも新作を発表したR. Kellyの7枚目にあたるオリジナル・アルバム『TP.3 Reloaded』について。何度も言いますが本当にこの人の才能は底なしですね。毎回かなりの短いスパンでリリースしているというのに、楽曲の質が全く落ちてないのはさすがというか驚きというか。次から次へ楽曲が出来てしまって困るって感じなんですかね。これまでのボツ曲の数とかめちゃめちゃ多そうじゃないですか?アングラ盤でレア・トラック集とかも出てるけど、もっともっと世に出してくれって感じです。

今作はタイトルからもわかるとおり、1stアルバム『12 Play』、4thアルバム『TP-2.com』の続編的なアルバムらしいです。楽曲の方に目をむけるとこれでもかとばかりに注目曲が目白押し状態。人気者Scott Storchプロデュースで今なにかと話題のラッパーThe Gameの雄度高めのラップをフィーチャーしたクラブ・ヒット間違いなしのキラーボム『Playa's Only』、どこかレゲエを意識したようなゆったりとした心地よさを感じる『Slow Wind』などのシングル曲も◎だけど、他も負けてませんよ。

ゆるくとても心地いい感じの"これぞGファンク"といった仕上がりのSnoop Dogg客演の病み付き必至曲『Happy Summertime』、水滴音をちりばめたしっとりとしたトラックに乗せお得意の"R節"を披露するムーディーなナンバー『In The Kitchen』、セクシーに語りかけるかのように歌うメロウ『Put My T-Shirt On』、美しいファルセットで歌いとおす胸に染み入ること必至の好ナンバー『Remote Control』、彼が得意とする独特の早口歌唱が炸裂するミッド『Kickin' It With Your Girlfriend』、Elephant Manが力を貸す自然と体が揺れるダンスホール曲『Reggae Bump Bump』、レーベル・メイトNiveaとデュエットした極上のスロウ・ジャム『Touchin'』、Babyとタッグを組んで暴れまくる病み付き度高めの中東系サウス・チューン『Girls Go Crazy』、HIP HOP界から同郷であるDo Or DieとTwistaを招きフィーチャーした哀愁漂う好曲『Hit It Til The Mornin'』、タイトルからしてもうアレな『Sex Weed』、そして全5章からなるドラマティックな『Trapped In The Closet』と、今回もまたまた捨て曲は全く見当たりません。

前作『Happy People / U Save Me』はステッパーズとゴスペルという非常にコンセプト性の強いアルバムだったので「ちょっと苦手・・」なんて人もいたかもしれませんが、今回は"これぞR. Kelly!"といった仕上がりなので十分満足できるのではないでしょうか。個人的にはかなりツボのアルバムでした。あと、このアルバムには『Trapped In The Closet』のChapter1〜5のPVを収録したDVDが付属しています。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS