774dc66d.jpg最近ではAZの新作やGang Starr Foundationメンバーのプロデュースワークを行っていると伝えられていたDJ Premierが、Christina Aguileraのニューアルバムに取り掛かっているようです。

彼は10日、カナダのオンタリオで開催されたCanadian DMC World DJ Championship Finalsのため同国を訪れた際にトロントのラジオ局CKLN FMの番組に電話出演し、現在Aguileraと曲の制作を行っていることを明かした。彼はいくつかのトラックを提供しているそうだが、かなり早いテンポのビートを使用した曲がファーストシングルになる予定だという。また他にAguileraの"Genie In A Bottle"と"Back In The Day"の一部をスクラッチしたものをイントロに組み入れるというDJ Premierお得意のプロダクションスキルを発揮した、Aretha Franklinとサックス奏者のJohn Coltrane賛歌"Thank You"などがあるとのこと。

DJ Premierは「スクラッチとカットによるトラックが多いね。どのビートもほんとうにユニークだし、彼女の歌唱力もすごいから、今回の仕事はほんとうにやりたいと思えたね。彼女は歌詞やその他のことについて誰からもコーチングを受けずに歌ったんだけど、ものすごくレベルアップしていたよ」と、Aguileraとの共演を楽しんでいる様子だという。

Christina AguileraとDJ Premierですか!意外な組み合わせだけど、めちゃめちゃおもしろそう。DJ Premierを指名するとはAguileraもセンスありますね。AguileraがDJ Premierお得意のスクラッチを使用したトラックを乗りこなすのか・・・すごくカッコいい曲になりそうな予感。まだまだ制作途中だから変更になるかもしれないけど、このニュースどおり先行曲がDJ Premier曲だったら嬉しいな。ますますNEWアルバムが楽しみになってきました。
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ