7e46c2e2

HIP HOPシーンをしょって立つ"King of NY"ことJay-Zのオリジナル・アルバム7枚目にあたる2枚組み『The Blueprint 2:The Gift & The Curse』について。引退宣言をしたあともDef JamレーベルのCEOに就任したり、Beyonceとデートしたりと大忙しの彼ですが、近々あるラッパーにラップバトルを仕掛けるそう。ということはラッパーとしての復活宣言ととらえていいのかな?まあ今回の件で復活しなかったとしても、99%の確立でいずれ復活することでしょう(笑)向かうところ敵なし状態のJay-Zが放った全25曲(2枚合わせて)というフル・ボリュームの今作ですが、出来の方はもちろん文句なしの力作になっています。

"The Gift"の方は、この世を去った親友The Notorious B.I.G.の音源を引っぱり出し、ビギーの元奥様であるFaith Evansをフィーチャーするというなんとも贅沢な『A Dream』(Kanye Westプロデュース)、Just Blaze提供のシンセの音が印象的な『Hovi Baby』、Dr.Dreがプロデュース&客演で参加し、Rakim、Truth Hurtsをゲストに招くというJay-Zにしか出来ない超豪華曲『The Watcher 2』、彼女であるBeyonceをフィーチャーし、2Pac"Me And My Girlfriend"をサンプリングしたヒット曲『'03 Bonnie & Clyde』、The Neptunesが手掛けた"病み付き度100%"の激ヤバ曲『Excuse Me Miss』、Sean Paulと共にTimbalandが提供した奇天烈ビートを乗りこなす『What They Gonna Do』、とってもソウルフルで聴いた瞬間一目惚れしてしまったNo I.D.プロデュース曲『All Around The World』、Twista、Big Boi、Killer Mikeとマシンガン・ラップをぶっ放す『Poppin' Tags』(Kanye Westプロデュース)、おもわずノッてしまうThe Neptunes提供曲『F**k All Nite』、Timbalandワールド炸裂の『The Bounce』、Paul Anka"My Way"をサンプリングした『I Did It My Way』と、1曲たりとも見逃せない内容に。

"The Curse"の方はというと、Lenny Kravitzのギターをフィーチャーした『Guns & Roses』、Just Blazeが手掛けたハードでカッコいい『U Don't Know Remix』(M.O.P.参加)、とってもソウルフルで即ノックアウトさせられてしまう『Some How Some Way』(Just BlazeプロデュースBeanie Sigel、Scarface客演)、Kanye Westお得意のソウルネタがとび出す『Some People Hate』、The Neptunesがプロデュースした不思議な魅力をもった『N***a Please』、Timbalandが相変わらずの摩訶不思議さを発揮した『Many Hoes』、Memphis Bleek、Freeway、Young Gunsらとマイクを回すJust Blaze曲『As One』、The Neptunesが手掛けたメロウ・チューン『A Ballad For The Fallen Soldier』、ホーンやスクラッチ音が印象的な『B*****s & Sisters』(Just Blaze提供)など、こちらも粒揃い。

このボリュームでこの完成度の高さ・・・最強すぎますね。The Neptunes、Timbaland、Kanye West、Just Blaze・・・どのプロデューサーも一切手抜きなし。恐れ入りました。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS