955

歌、ラップともに"日本のMissy Elliott"といっても過言ではないくらいのスキルを持つアーティストAIのDef Jam Japanに移籍してから3枚目となるオリジナル・アルバム『MIC-A-HOLIC A.I.』について。彼女の存在が認知されだしたのは、"日本のポップ・アイコン"安室奈美恵とタッグを組んだSuite Chic『Uh Uh...』で、完全に世に知らしめたのは現在もロングヒット中のバラード『Story』ではないでしょうか。そんなAIが満を持して放った今作ですが、過去の素晴らしいアルバムたちに負けない良曲揃いの力作に仕上がっています。

まず最初は個人的に1番のお気に入り曲を紹介したいと思います。それは3曲目に収録されている『Another Day』。ピアノをバックにしっとりと歌うイントロからはじまりる、Mary Maryに通じるようなゴスペル調のアップで、初めて聴いたときは衝撃と感動で卒倒しそうでした。躍動感あふれるAIのボーカルもかなり◎です。

他にも良曲はたくさんあり、DELIの存在感のあるラップをフィーチャーしたアップ『365』(AQUARIUS提供)、上でも書いた現在もロングヒット中で心の琴線に触れること必至の美しいバラード『Story』、アルバムの幕開けを飾る攻撃的なアップ『If』(T.Kuraプロデュース)、ラップするかのように歌うおもしろい1曲『Once In A Lifetime』、EminemやDr.Dreあたりがやりそうなダークなトラック上で「自分を大切に!」と歌う『QUEEN』、声の重なり具合が◎でとっても美しいラブソング『Sha La La』(T.Kuraプロデュース)、AIの生まれ故郷であるカリフォルニアについて歌った『California』、夏の夕暮れ時にピッタリと合いそうな『Summer Breeze』、人との出会いについて歌ったアコースティックなんだけどグルーヴィなミッド『Sunshine』(T.Kura提供)など、AIにしか表現することの出来ない世界を味わうことのできる文句なしの内容になっています。

毎度のことだけど今作もいろんなAIが見れていいですね。カッコいいAIもいればやさしいAIもいる。歌詞も友達と話してるような感覚でスーッと染み込んでくるものばかりで、AIのメッセージがちゃんと心に響いてきます。もちろん歌の方も文句なし。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS