51CNDA9RWKL

魅力的な声をもつ女性シンガーLISAが脱退してからも、精力的に活動を続けているVERBAL、TAKUからなる2人組みm-floの4thアルバム『BEAT SPACE NINE』について。個人的にm-floは昔から大好きなグループのひとつではあったのですが、LISAが脱退したときにちょっと熱が冷めてしまいCDを買わなくなってしまいました・・・。(レンタルはしてたけど。)

そんな俺がなんでいきなり今作をレビューすることになったかというと・・・今更ながらアルバムを入手したから(笑)だってLISAが参加してるアルバムを見過ごすわけにはいきませんよ。LISA、VERBAL、TAKUの3人揃ってこそm-floなわけですよ・・・俺の中では。

久しぶりに聴くm-floのアルバムでしたが、相変わらず彼ららしいバラエティに富んだ内容でいいっすね。まずはこれ、YOSHIKA嬢が感情豊かに歌い上げる一撃必殺の胸キュン・バラード『let go』。シングルのときから大好きだったけど、やっぱいい曲だな〜。詞、メロ、トラック全てが心に染みてきます。

そして今作1番の注目曲!LISAを引っぱり出してきた『TRIPOD BABY』ですが・・・いい!"これぞm-flo"って感じのキャッチーな1曲で、久しぶりの"m-floなLISA"が聴けてマジ泣きそうでした(涙)

もうこれだけで大満足なんだけど他の曲も軽く紹介すると、VERBALを相手にEMYLI & YOSHIKAがキュートにボーカル合戦を繰り広げるノリのいい好曲『Loop In My Heart』、コカ・コーラのCMで大ブレイクを果たしたBENNIE Kが存在感のある歌を披露する『Taste Your Stuff』、EMYLIと個人的にあまり好きじゃないSOUL'D OUTのDiggy-MO'が参加した『DOPEMAN?』、加藤ミリヤが10代とは思えない艶っぽい声で歌うアコースティック調の『ONE DAY』、キュートなシンガーSoweluが花をそえる(シャレじゃないですよ。笑)グルーヴィ・チューン『SO EXCLUSIVE』、おっさん・・じゃなくて和田アキオ・・じゃなくて和田アキ子がm-flo色に染まる『HEY!』など、聴く者を全く飽きさせない多種多様なアルバムに仕上がっています。

どんなアーティストをゲストに招こうがm-floの個性(存在感)が薄れることがないのはさすが。そろそろボーカルを固定してもおかしくないと思うんだけど、希望としてはやっぱLISAですね。今回のコラボがその伏線であることを願います。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS