CTCR-14414

プロデューサー、トラックメーカー、DJと幅広く活躍するYAKKOのソロ・プロジェクトJHETTのアルバム『JHETT』(2枚組み)について。このアルバムを購入したきっかけはもちろん俺の大好きなアーティスト安室奈美恵が参加しているから。これ、安室が参加した『Do or Die』をシングルにしてくれてたらアルバム買わずに済んだのにな・・(ボソッ)。

余計な話はさておき、1stカットとなったSoweluがBIG-Oを従えてカバーに挑む『Get Ready -Nite 2 Remember-』は文句なしの出来だったけど、2ndシングルに選ばれた倖田來未がボーカルを務める『Just Go』はハッキリ言ってあまり良くなかったですね。倖田がどうこうっていうんじゃなくて、メロディとトラックがインパクトに欠けるというか"カッコいい!"と思えなかった。これをアルバム曲にして『Do or Die』をシングルにすればよかったのに・・・というのが正直な感想。

いきなりつっ込んだコメントをしてしまいましたが、内容の方を軽く紹介していくと、Soweluのキュートな歌声とBIG-O(SHAKKAZOMBIE)の汗くさいラップの組み合わせがいい『Get Ready -Nite 2 Remember-』、SUITE CHIC"Uh...Uh..."で素晴らしいケミストリーを生み出した安室奈美恵がクールに歌う鬼カッコいいアップ『Do or Die』(MICHICO関与)、姉妹ラッパーHeartsdalesがダークなトラックに合わせて押さえ目なラップをする『Oh Boy』、甘くやさしいLISAの声にピッタリと合った胸キュン曲『Sweetest』、DREAMS COME TRUEのバックコーラスでおなじみの浦嶋りんこが圧倒的な歌唱力を魅せつける『Heart Breaker』、女の子3人組YeLLOW Generationのセンター担当YUKIが攻撃的なトラックを見事に乗りこなす『Get Out』、最近は裏方仕事が多い(?)MICHICOが妖艶な歌声で聴く者を虜にする『Call U Every Nite』、そしてボーナストラック扱いで最後に収録されたSUITE CHIC(安室奈美恵&AI)の人気曲"Uh...Uh..."のリミックス『Uh...Uh...(Ver.2K5)』など、HIP HOPだけでなくR&B(歌モノ)も十分やれることを証明した力作に仕上がっています。

そしてもう1枚の方はJHETTがセレクト&MIXした洋楽R&Bアルバムになっていて、Chante Moore、Elisha La'verne、Adriana Evans、Aaliyah、Allure、Eternal、Zhane、The Brand New Heaviesなど、R&B好きの人にはおなじみの楽曲がぎっしりと収められています。

力作だとは思うんだけど、こういういろんなアーティストが参加したアルバムって意外と手が伸びないというかあまり聴かないんだよなぁ・・。好きなアーティストの曲だけiPodに取り込んだらCDラックで永眠みたいな^^;

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS