Get_Rich_or_Die_Tryin'_Soundtrack_-_CD_album_cover

クィーンズ出身の人気ラッパー50 Cent主演で、興行収入1250万ドル(約14億7500万円)初登場4位をマークした半自叙伝的映画『Get Rich or Die Tryin'』のサントラについて。Eminem『8 Mile』もそうでしたが、今作も10代の頃にドラッグディーラーを経験、アルバム・デビューに向け地道なプロモーション活動を行っていた矢先に何者かに銃撃(9発)され瀕死の状態に陥るなど、若くして波乱万丈な人生を送る50 Centの経験を基に描かれた自伝的映画だそうです。そのサントラに参加してるメンツはもちろんG Unitファミリーの面々。といってもThe Gameは参加してないけど(笑)

注目曲を挙げていくと、フックで50 Centお得意の下手ウマ(?)な歌がとび出すMaze With Frankie Beverly"I Need You"使用曲『Hustler's Ambition』、ダークなんだけどちゃんとキャッチーも併せ持った50 Cent『Window Shopper』、イントロ部分の儚げなピアノ音からしてすでにヤバいHi-Tekプロデュースの50 Cent『Best Friend』(個人的一押し曲)、Mobb Deepの"ジジジジジジーユニッ!!"が聞ける50 Cent、Nate Dogg客演の『Have A Party』などのシングル曲はやはりスルー厳禁ですね。

ソウルネタ(Bobby Womack"Woman's Gotta Have It")を上手く使った50 Cent『What If』、腰にくるような重いビートがカッコいいSpider Loc feat. 50 Cent & Lloyd Banks『Things Change』、ギターのループをバックにLloyd Banks、50 Cent、Young Buckがマイクを回す『You Already Know』、M.O.P.のパワフルなラップと50 Centの気の抜けたようなラップのからみがおもしろい『When Death Becomes You』、Oliviaが参加してるんだけどあまり扱いのよくない印象を受ける50 Cent『We Both Think Alike』、サウス仕込みのドスの効いたラップをブチかますYoung Buck『Don't Need No Help』、AllstarがプロデュースしたLloyd Banks『Get Low』、Roy Ayers"Everybody Loves the Sunshine"をサンプリングしたTony Yayo『Fake Love』、先日G Unit入りを発表したMaseが参加した50 Cent『I Don't Know Officer』(Lloyd Banks、Prodigy、Spider Locも参加)、Dr.Dreがキーボードの音色が印象的なトラックを提供した50 Cent『Talk About Me』など、聴き応えのある充実作に仕上がっています。

予想どおり全編を通してハードコアなノリなんだけどそこは50 Centらしく、重い雰囲気の中にもキャッチーさがあり疲れることなく聴くことができました。強いて言うならばもっとOliviaの出番があってもよかったかも。自分のアルバム制作で忙しかったのかな・・・。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS