41EM6hTrPQL

ニューヨーク生まれアフリカ系アメリカンの父と韓国人の母を親にもつ女性シンガー、Crystal Kayの6thアルバム『Call me Miss...』(DVD付き)について。最近ポップな楽曲が続いていたので興味が薄れつつあったのですが、Jam & Lewisを起用したこの間のシングル『Kirakuni』で再び彼女へのアツい想いが復活。今作も過去のアルバムと同じく、いろんなCrystal Kayを味わうことが出来るカラフルな内容になっていました。

そのJanet Jackson作品などでおなじみの大御所プロデューサーJam & Lewisが手掛けた華やかなダンス・ナンバー『Kirakuni』。これ本当にいい曲ですよね。キャッチーなうえPVも「海外から見た昔の日本」みたいな感じですごくおもしろい出来になってるし。まあこの曲があるだけでも買ってよかったって感じなんだけど、他もあなどれませんよ。

クールなフレイバーが楽曲全体を包み込む『Baby Girl』、美しいストリングスやギターをバックに伸びやかに歌う『恋におちたら』、安室奈美恵やFull Of Harmonyなども手掛けるAKIRAがプロデュースした心地よさ高めの胸キュン曲『Hero』、幻想的な世界が広がる『テレパシー』、Crystal Kay本人が制作に大きく関与した、ギターのカッティングがとても気持ちいい『KTK』、m-floのTakuがプロデュースしたノリのいい2STEP系『I Know』、彼女特有のハスキーがかったハイトーン・ボイスが炸裂する『nobody but you』、ICEDOWNが手掛けた楽曲、Crystal Kayの声すべてが心地よくて、そのグルーヴに思わず身を委ねたくなる『Together』、自身の楽曲"Motherland"をサンプリングした結果コロ助が登場することとなったR&Bチューン『fly to you』、切ない詞が胸に響く甘酸っぱいスロウジャム『きっと』、はねるビートが印象的なCHEMISTRYとのデュエット曲『Two As One』(AKIRAプロデュース)、こちらもAKIRAが手掛けた極上のポップ・チューン『Happy Life』、前作収録のヒット曲をアレンジして収録し直した『Kiss(Orchestra version)』と、粒揃いの楽曲がぎっしりと詰まった満足のいく1枚に仕上がっています。

DVDの方は、『恋におちたら』と『Two As One』のPVとクリスマスLIVEの映像が収録されてました。『Kirakuni』のPVは収録されてないんですね…ちょっと残念。でもライブ映像が可愛かったので許します。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

HOT TOPICS