3e9f1299

ソロとしても大成功を収めたJustin Timberlake率いるスーパー・ヴォーカル・グループ★Nsyncの2ndアルバム『No Strings Attached』について。デビュー・アルバムを全世界で1,800万枚以上売り上げたというモンスター級の記録をもつ彼らですが、その前作から本作までの間に移籍に関する訴訟問題があったりといろいろ大変だったみたいですね。でも内容の方はそんなことお構いなしの気合の入ったものになっています。

各曲を見ていくと、女性に三行半をつきつけるスウェーデンのKristian Lundin & Jakeプロデュースのポップ・アッパー『Bye Bye Bye』、同じくCheiron ProductionsのRemiがプロデュースした彼らしいビートの効いたポップ・チューン『It's Gonna Be Me』などシングルとして話題になりましたよね。

上記以外も、人気ガールズ・グループTLCのLisa "Left Eye" Lopesの切れ味鋭いラップが炸裂するフィーチャリスティックなアッパー・チューン『Space Cowboy(Yippie-Yi-Yay)』、BlackstreetやGuyでおなじみの敏腕プロデューサーTeddy Riley手掛ける硬質でグルーヴィーな『Just Got Paid』、一世を風靡したShe'kspereがプロデュースした浮遊感あふれる疾走系チキチキ・チューン『It Makes Me Ill』、Richard Marxが大幅に関与したアコースティックなバラード『This I Promise You』、メンバーのJCがプロデュースに名を連ねたたたみ掛けるようなバキバキ・デジタル・サウンドが○な『No Strings Attached』、タイトなデジタル・サウンドやボコーダーがくせになるフィーチャリスティック・ナンバー『Digital Get Down』、デビュー時からの付き合いとなるVeit Renn提供のハイパーな1曲『Bringin' Da Noise』、美曲といえばこの人Diane Warren作の壮美なバラード『That's When I'll Stop Loving You』、JustinがプロデュースしたスムージーでハンドクラップをちりばめたR&Bチューン『I'll Be Good For You』、実力をみせつけるアカペラ・ナンバー『I Thought She Knew』、Babyfaceのペンによる美しすぎるバラード『If Only In Heaven's Eyes』、そしてTeddy Rileyが料理し直した『Bye Bye Bye(Teddy Riley Club Mix)』と、ブラック好きにも見逃せないないアルバムに仕上がっています。

Backstreet Boysは復活したけど、★Nsyncはどうするんでしょうか?Justin Timberlakeのソロ第2弾が控えてるみたいだし当分の間はないのかな…。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS