来年の1月24日にリリースが予定されている安室奈美恵待望の新曲『Baby Don't Cry』を手掛ける(プロデュース)人物といえば?そう、おなじみNao'ymtです。『Baby Don't Cry』は「切なくも輝いた、幸せな気持ちになれるミディアム・ポップナンバー」で、タイアップはドラマ主題歌になるらしい。

Naoさんが手掛ける"なくも輝いた、幸せな気持ちになれるミディアム・ポップナンバー"かぁ。『White Light』が思い浮かんだんだけど、そういや『White Light』のときに続編的ナンバーとして『Nobody』(Nao'ymtプロデュース)というタイトルの曲がありましたよね。もしかして…もしかする?なんにしろ楽しみですね。発売が待ちきれません。

今日はそんなNao'ymtが贈る"Nao'ymt Wit' Summer Mood"に続くwit'スペシャル企画第二弾"Nao'ymt Wit' Christmas Gift"と、少し前にリリースされたタイラヨオ wit' Nao'ymt『Hot Voodoo feat. AKIYO』について。

YUKALI wit' Nao'ymtWe Can't Back feat. LeanaskiYUKALI wit' Nao'ymt - We Can't Back (Featuring Leanaski) - Single
YUKALINao'ymt Wit' Christmas Giftの女性版を担当するのは女性シンガーYUKALIとLeanaski。安室奈美恵『White Light』に通じるようなキラキラ可愛らしいPOPなクリスマス・ナンバーで、YUKALIの透明感のあるヴォーカルと、静かに囁くLeanaski(リーナスキー)のラップがなんともいえない美しい世界を作り上げます。切なさ漂う歌詞もキラキラ感のあるトラックに乗せて聴くと重苦しくなく聴けますね。目を閉じながら聴くと、クリスマスならではの情景が浮かんできますよ。

真之介 wit' Nao'ymtYour Place真之介 wit' Nao'ymt - Your Place - Single
真之介Nao'ymt Wit' Christmas Giftの男性版を担当するのは男性シンガー真之介。これはもういきなりイントロからしてやられます。Nao'ymtのアドリブと、彼お得意の和を感じさせるトラックが俺のツボにクリティカルヒット。もちろん主役である真之介のヴォーカルも最高で、切なくも美しいメロディーをしなやかな歌声でなぞり歌い上げます。ちょっと心が弱ってるときなんかに聴くと、思わず涙が…なんてこともありえるかも。こういう切ないおセンチな曲大好きなんで、耳にした瞬間心の琴線に触れました。

タイラヨオ wit' Nao'ymtHot Voodoo feat. AKIYOタイラヨオ wit' Nao'ymt - Hot Voodoo featuring AKIYO - Single
タイラヨオNaoさん曰く「チャンツィーとかワダエミとか、そんな感じ。原色の世界に妖艶と繰り広げられる演舞のテーマ」な1曲。聴いてすぐ思う浮かぶのは中国って感じですかね。とにかくモロ"アジア"なナンバーで、アメリカで音楽活動をしてたこともあるというタイラヨオの個性溢れるラップと、客演で参加したAKIYOが艶やかに彩るフックが脳内旅行へ連れてってくれます(なんやそれ)。この曲は一聴する価値十二分にあり。「究極のアジアン・ナンバーをぜひご堪能あれ」って感じですよ。

〜関連作品試聴リンク&関連記事〜
■安室奈美恵『White Light』安室奈美恵 - White Light / Violet Sauce - EP
Nao'ymt Wit' Summer Mood and more...
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS