2006年の暮れにiTMSでクリスマス・アルバム『A Keith Sweat Christmas』を発表したメーメー羊ヴォイス・シンガーKeith Sweat、伝説のグループNew EditionのNEWアルバムが出るとか出ないとか噂されてるエモーショナルな歌声の持ち主Johnny Gill、そして2006年11月10日に40歳という若さで天に召されてしまった雄度100%の熊系シンガーGerald Levertの最強トリオががっぷり四つに組んだスーパー・ユニットLSG。

昨年の夏あたりに「大人のたし算 "Levert + Sweat + Gill = LSG"」というタイトルで彼らに関するくだらない記事を書きました。その時に「動画サイトで『Just Friends』のPVが見当たらない」とボヤいてたんだけど、この間チェックしてたらやっと?アップされてました。アップしてくれた方ありがとうございます。

この曲とPV何気に好きなんですよね。曲を手掛けたのはGerald LevertやSilk作品で手腕を発揮していた2000 WattsのDarrell "Delite" Allambyで、客演でBad Boy所属のラッパーLoonが参戦(今はBad Boyから離脱)。売り上げや話題面では1stアルバム曲に劣ったものの、待望の2ndアルバムへの期待を煽るという意味では十分すぎるくらいの1曲だったのではないかと個人的には思います。

Just Friends1Just Friends2Just Friends3

PVはこれまでの作品と同じくオヤジならではの雄臭というかフェロモンがむせ返るくらい出てます。特に印象的なのはJohnny Gillの目力。3人の中では一番男前のJohnnyの鋭い眼光に圧倒され思わず腰砕け。女性ならあの目を見ただけで妊娠しちゃうかも。

■PVをチェック ⇒ LSG『Just Friends』
■アルバム詳細 ⇒ 2ndアルバムLSG『LSG2』(レビューは近日アップ予定)

Crazyそしてついでといっちゃなんだけど、懐かしいPVを発見したので軽く記事に。Diddy率いるレーベルBad Boyが送り出したガールズ・グループDreamの『Crazy』です。これはお蔵入りした2ndアルバム『Reality』に収録予定だった曲で、LSG曲に続きLoonが客演で参加。プロデュースはDiddyとScott Storchとなかなか気合の入った1曲に仕上がっています。一番可愛い子が女優に転向?するために脱退したのが痛かったのかな…。(Click Here

Damnお蔵つながりでもう1曲。Rodney Jerkinsが見出した女の子4人組So Plushの『Damn』です。Ja Ruleが客演したこの曲は彼女達のデビュー・アルバム『So Plush』に収録されるはずでしたがお蔵入り。彼女達の代わりにDarkchild Recordsから華々しくデビューしたのはEn Vogueで活躍中のあのRhona。最初は彼女達が第一弾アーティストに予定されてたのになぁ…残念。(Click Here

2組ともなかなかいい感じのアルバムだったのになぁ…。昨日レビューしたUsherんとこのOne Chanceも2月に出るという噂もあるけど、今のところ2月に出る可能性は低そう。延期が続いてるだけでに不安ですね。無事リリースされることを願います。
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS