18c85b62

2006年一番輝いていたアーティストといえば?そうNe-Yoですよね。そのNe-Yoが出演した映画『Save The Last Dance 2』のサントラについて。このサントラはそのNe-Yoがエグゼクティヴ・プロデューサーも務めている上に彼の新曲も収録、そしてあのJoeの楽曲まで手掛けちゃってるという軽く豪華な1枚に仕上がっています。

まずはNe-Yoが書いた曲から紹介。ずっしりとしたボトムに硬質なハンドクラップが絡む美しいトラックにNe-Yoの抜けのいいヴォーカルが乗る『Watch You Dance』、ベテラン・シンガーJoeの年齢を重ねたことにより雄臭さが増した歌声に陶酔を余儀なくされる美しいミッド・ナンバー『It's On You』、男性シンガーJalenがNe-Yoならではの美しいメロディーをなぞり歌い上げる良曲『All I Need』、歌声もルックスも熊系のRuben Studdardが歌うやさしさに満ちた美しいナンバー『Feel Beautiful』(彼の2ndアルバムにも収録済)、つんのめるようなアッパー系なんだけどドラマティックに鳴るストリングスを取り入れることにより個性的なものに仕上がったBoxie『Bridging The Gap』と、合計5曲に直接関与。

他は、ボコーダーの鬼T-Pain名義でマイアミの盛り上げ隊長ことPitbullが客演したアップテンポな本作のオープニング・ナンバー『Dance Floor』、Eric B. & Rakim"Eric B Is President"を絶妙にサンプリングしたタイトルどおりのクラップ炸裂チューンNoel『Clap For That』(Ghostface Killah客演)、元City Highのメンバーでグループの紅一点であったClaudette Ortizの旦那でもあるRyan Tobyの渋くファンキーな『Just My Thang』、歌姫RihannaがR&BとREGGAEをミックスしたような中東系ナンバーを乗りこなしてみせる『The Hotness』(Shontelle客演)、ラテン曲ならではの情熱と哀愁を漂わせたDebreca『Dance Alone』、フィリー作品のような美しさ&心地よさを味わうことが出来る女性シンガーCandace Jonesの『You And Me』、悩ましい小悪魔ちゃんCassieのどこかオリエンタルな空気に包まれるRyan Leslie提供曲『Kiss Me』(デビュー・アルバムに収録済)、Ne-Yoに5%くらい雄度をプラスしたような歌声が印象的なJaidenの美しいミッド『Escape』と、アップもミッド〜バラードも美しいものばかりで埋め尽くしたサントラになっています。

んー、悪くはないんだけど聴き終えたあとに何か物足りない感じが残るんですよね。全体的にあっさりしすぎてるというか、「これだ!」という引っかかりのある曲がないような気が。でもNe-YoファンやR&Bファンは一聴する価値はあるかも?です。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS