500x500

脚本家や俳優、そしてサントラ制作まで手がけてしまう多才な人物Tyler Perryの新作映画のサントラ『Daddy's Little Girls』について。このサントラはとにかく特筆すべき点がありすぎ。Anthony HamiltonにJaheim、そしてMusiq Soulchildの人気男性シンガー3人が一堂に会した曲あり、Whitney Houstonの復帰曲あり、R .Kellyの新曲ありの、話題てんこ盛りの1枚になっています。

まずは最初に紹介したAnthony Hamilton、Jaheim、Musiq Soulchildの実力派シンガー3人による『Struggle No More(The Main Event)』から。この曲は当作のオープニング・ナンバーで、大袈裟とか一切抜きで最高な1曲に仕上がっています。純美なバックトラック上をAnthony → Jaheimの順にリードをとり(Musiqは出番少なめ)歌い上げていくんだけど、3人のヴォーカルは言わずもがなサビで絡んでくる子供たちのコーラスも絶妙でのっけからノックアウト必至。

続く2曲目はR .Kellyの新曲でこれがまた上出来なんですよ。懐かしい香りのするシンセもいいし、もちろんR .KellyならではのR節も○。これに負けない歌を聴かせてくれるのがXscapeのTamika Scott『Greatest Gift』で、アツいバラードを魂のこもった黒いヴォーカルで表現力たっぷりに歌い上げてくれます。

アツい曲の次はちょっとクールダウンといった感じで用意されたのはBad Boy所属の白人男性シンガーAdrian HoodがJustinばりのファルセットでマイナスイオンを放出する『Brown Eyed Blues』。そして次ですよ次。Whitney & CissyのHouston一家とDionne Warwickが貫禄ある歌声で魅せ聴かせてくれる『Family First』。若干艶が減少したような気がしないでもないけど、相変わらずいい声してるじゃないですかWhitneyさん。この調子でNEWアルバムもよろしくって感じですね。

他も良曲ぞろいで、ベテラン・ゴスペル・シンガーYolanda Adamsの『Step Aside』、Brian McKnightが歌う安定感のあるナンバー『I Believe』、Beyonceの伸びやかな歌声に酔いしれる『Daddy』(既出曲)、Anthony Hamiltonのソウルフルな歌声に心奪われる黒汁ミッド『Struggle No More』、アルバムで聴いたときからお気に入りのGovernor『Blood Sweat & Tears』(既出曲)、元TransitionsのCharles MooreがSam Cookeの名曲カバーに挑み見事ものにした『A Change Is Gonna Come』と、歌心の満ち溢れまくった要チェック作に仕上がっています。

Anthony Hamilton, Jaheim & Musiq Soulchild『Struggle No More(The Main Event)』だけで買い決定って感じだけど、他の曲も申し分のないものばかりで大満足。押さえといて間違いないというか、スルー厳禁ですよ。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS