Megan Rochell『You, Me And The Radio』昨年の4月ごろに"ネクスト・ブレイカーはMegan Rochellに決まり?"というタイトルで紹介した女性R&BシンガーMegan Rochell。彼女のデビュー・アルバムがなかなか出なくてウズウズしてるんですよ。Megan Rochellについてもう一度軽く説明すると、BoyzMenのNathan Morrisによって見出され、所属レーベルは泣く子も黙る大手DEF JAM。Rodney JerkinsプロデュースFabolous客演の『The One You Need』などのシングルをリリースし、アルバム・リリースも告知されていたのですが延期・延期・延期…。今のところ今年か来年あたりには出る予定になってるみたいだけど、これまでの流れからすると順調に出るとは信じがたい。収録予定の曲も流出しまくってますしね。

Wikiによると今のところ12曲が流れてるみたいで、詳細は以下のとおり。

The One You Need feat. Fabolous (Produced by Rodney Jerkins)
Floating (Produced by Ne-Yo)
Let Go (Produced by Sean Garrett)
My Mistake (Produced by Ryan Leslie)
Who Are They (Produced by Sean Garrett)
Anything I Would Do feat. UNeSS (Produced by Ryan Leslie)
Betcha (Produced by Stargate)
Heartbreak (Produced by Rodney Jerkins)
Still (Produced by The Underdogs)
You, Me And The Radio (Produced by The Underdogs)
Outta My Mind (Produced by Corna Boyz)
It's On You (Produced by The Underdogs)

どうですかこの豪華メンツ。豪華すぎて鼻血が出そうじゃないですか?12曲中11曲は聴いたんだけど、Corna Boyzプロデュースの『Outta My Mind』だけはまだ聴けてません。でもこれがなかなかの良曲ぞろいなんですよ。『The One You Need』はシングルとしてカットされているので説明不要ですよね。『Floating』はNe-Yoらしい美しいミッド・ナンバーで、『Let Go』は早口歌唱で駆け抜けていく好曲。『My Mistake』はRyan Leslieらしいエレクトロな音世界がいいし、『Who Are They』はMike City曲のようなどっしりとしたビートが心地いいミッドといった感じ。あとも怪しく攻める『Anything I Would Do』、Ne-Yo"So Sick"と同じトラック使い?の『Betcha』、スネアの効いたソウルフル系『Heartbreak』、そしてThe Underdogsが手掛けた安定感抜群の3曲『Still』、『You, Me And The Radio』、『It's On You』と、本当に「早くCD化してくれよ」と言いたくなるような内容になっています。

これだけいい曲ぞろいなのに、お蔵入りしちゃったらマジで泣きそう。でも…多分…。
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS