tumblr_lqyvd4RKDt1qdjicio1_500

Nas、DMXなど人気HIP HOPアーティストが多数出演した、N.Y.のアンダーグラウンドを舞台にしたクールなクライム・アクション・ムービー『Belly』のサントラについて。NasやDMXが名を連ねていることから察しがつくと思いますが、Def Jam発のこのサントラはHIP HOPを中心とした黒い1枚になっています。

「HIP HOPを中とした〜」と書いちゃったけどR&Bナンバーも充実してて、"黒い研ナオコ"ことSparkleがR .Kellyが完全バックアップした陶酔率100%スロウをしっとりと歌い上げる『What About』、こちらもR .Kellyが全面的に関与した木漏れ日のような美ナンバーLady『No Way In, No Way Out』、2ndアルバム『Voo Doo』にも収録された、DJ Premierプロデュースでお決まりのスクラッチが小気味よく炸裂する好曲D'angelo『Devil's Pie』、当時Bad Boyからデビュー予定だった少年シンガーJeromeがSean "Puffy" Combs & J-Dubプロデュースの下Stevie Wonderのカバーに挑む『Never Dreamed You'd Leave In Summer』、小悪魔シンガーMyaの鬼キュートなヴォーカルにRaekwonとNoreagaの汗臭いラップが絡む『Movin' Out』と、18曲中5曲と曲数こそ少ないもののクオリティはなかなか。

一方のラップ作品は、DMX、Method Man、Nas、Ja Ruleと主役級ラッパー4人が威勢よくラップするIrv Gottiプロデュース曲『Grand Finale』、フィメール・ラッパーHot Hottiが可愛い声で凄んでみせる『Two Sides』、ダンスホール・レゲエ界の貴公子Sean PaulとMr. Vegasが個性派DMXの存在感を薄くするくらいいい味出しまくる『Top Shotter』、Irv Gottiプロデュースの不穏な1曲Ja Rule『Story To Tell』、Jay-Z、Beanie Siegel、Memphis BleekとRoc-A-Fella3人衆がKenny Young"Arizona"使いのトラック上でマイクをまわす『Crew Love』、心地いいトラックに口ずさみやすいフックと好条件がそろったNoreaga『Sometimes』(Maze客演)、Swizz Beatzならではの硬質なビートが◎なDrag-On『We All Can Get It On』、彼らならではの良さを存分に堪能できるGang Starr『Miltia Remix』、琴の音のような音がオリエンタルな世界を作り出すWu Tang Clan『Windpipe』、The Loxのまとわりつくようなフロウが聴くほど癖になるMade Men『Tommy's Theme』、Track MastesプロデュースのBraveheart『I Wanna Live』などなど、豪華な面々が集結したサントラに仕上がっています。

中盤あたりまでは上手くR&Bナンバーが挿入されているのでいいけど、後半はラップ曲ばかり続くからちょっとダレるかも。しかし曲単位でみると問題はなし。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS