Sean GarrettNe-Yo、The Dream、Johnta Austinなど、最近は裏方(ソングライター、プロデューサーなど)だった人たちが続々と表舞台に登場してますね。といってもJohnta Austinの場合はデビュー・アルバム『Ocean Drive』が延期に次ぐ延期で、お蔵入りに片足つっ込んだような状態…。Jermaine Dupriよ、いい加減にしてくれ。そんな足踏み状態のJohntaをしりめに順調にデビューしそうな香りがプンプンしてるのがSean Garrett。

すでにHMVとかでも特集されてるし、彼がデビューするのはもう皆さんご存知ですよね。どうでもいいことだけど、個人的にSean Garrettといえば、たまーにC. "Tricky" Stewartとごっちゃになっちゃうときがあるんですよね。どっちも複数のプロデューサーやライターと仕事したりするからキャラがかぶるというか…ってこんなのは俺だけか。

彼が手掛けた楽曲は山ほどあるんだけど、Usher『Yeah!』、Destiny's Child『Lose My Breath』、Beyonce『Get Me Bodied』、Ciara『Goodies』、Chris Brown『Run It! feat. Juelz Santana』、The Pussycat Dolls『Buttons』、Fergie『London Bridge』、Janet Jackson『My Baby feat. Kanye West』、その他だとMary J. BligeやBritney Spears、Amerie、Nelly、Donell Jones、Kelis、Kelly Rowland、Nicole Scherzinger、Gwen Stefani、JoJoなどなど、挙げるときりがないくらい盛り沢山。

Sean Garrettんな彼のデビュー・アルバム『Turbo 919』は5月21日リリース予定で、1stシングルは『Grippin' feat. Ludacris』。この先行シングル聞きました?彼のヴォーカル・スタイルは良くも悪くもThe Dream系ですよね。というのも歌声がふにゃっとしてるというか細い。基本的に歌唱力のないシンガーはあまり好きじゃないんだけど、The DreamやJanet、Cassieなどは許せるという例外もあったり。Sean Garrettの場合はアルバムを聞いてない今の段階で断言はできないけど、多分例外に該当するかも。はい、嫌いじゃないです。それにしてもキャッチーな曲ですねー。これでもかってくらい繰り返すサビが嫌でも頭にこびり付くわ。なんでもこの曲は着うたが配信スタートするやいなや、いきなりの大ヒットを記録してるらしい。この調子だと順調にアルバム・リリースまでこぎつけそうですね。

今って歌唱力で聴かせるシンガーよりもT-PainやThe Dream、Sean Garrettのようなキャッチーさで売るシンガーの方が人気なのかな。というかまあそういうシンガーの方がヒットしやすいというか売りやすいんでしょうな。息の長いシンガーになるかどうかは別として。となるとなおさらJohnta Austinのアルバム・デビューが…遠(以下省略)。

■彼のMySpaceをチェックする ⇒ (Click Here
■Amazon.co.jpでアルバムの詳細チェック ⇒ Sean Garrett『Turbo 919』
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS