今日は邦楽(J-POP)のシングル・ランキングを発表しようかなと。といっても邦楽は洋楽ほど数を聴いてないので、めっちゃ偏ったランキングになってしまったかも^^;とりあえず記事にしたので、お暇な人はチェックしてみて下さい。それでは10位から順にカウントダウン。

10位 鈴木亜美can't stop the DISCO
can't stop the DISCO10位は鈴木亜美の『can't stop the DISCO』。プロデュースはPerfumeでおなじみのcapsuleの中田ヤスタカ。個人的に彼女はそれほど好きじゃないんだけど、このエレクトロなグルーヴ全開具合は病み付き度大でした。でもPVはKylie Minogue『In My Arms』のパク…(以下自粛)。B000V9KECY

09位 加藤ミリヤ19 Memories
19 Memories9位は加藤ミリヤの『19 Memories』。この曲は彼女が敬愛するアーティスト安室奈美恵の特大ヒット曲『SWEET 19 BLUES』をモチーフにしてるってことで話題になりました。曲の出来は賛否両論あるみたいだけど、個人的にはまぁアリなんじゃないかと。ミリヤの情感あふれるヴォーカルに思わず聴き入ってしまいます。B000V9KECY

08位 Perfumelove the world
love the world8位は今年大躍進を遂げた女の子3人組テクノ・ポップ・ユニットPerfumeの『love the world』。プロデュースはもちろん中田ヤスタカ。この曲はちょっと薄味かな〜とも思うんだけど、彼女達の可愛らしいキャラに合っててまぁいいんじゃないかと。次のシングル『Dream Fighter』が出るまでずっと聴いてました。B000V9KECY

07位 PerfumeDream Fighter
dream fighter7位も「かしゆかです。あ〜ちゃんです。のっちです。3人合わせて Perfume です!よろしくお願いします!」でおなじみのPerfume『Dream Fighter』。この曲もめっちゃ聴きましたね。今年は彼女達といいcapsuleといい鈴木亜美といい、テクノ王子中田ヤスタカの作品をたくさん聴いた1年だったかも。B000V9KECY

06位 三浦大知Inside Your Head
Inside Your Head6位は日本では数少ない歌って踊れる男性R&Bシンガー三浦大知の『Inside Your Head』。もともと三浦大知は好きだけど、今回は安室奈美恵作品でおなじみのあのNao'ymtプロデュースということでさらに好き度アップ。曲も素晴らしかった上にダンスシーン満載のPVも良く大満足の出来でした。B000V9KECY

05位 安室奈美恵NEW LOOK (from 60s70s80s)
NEW LOOK5位は我らが安室奈美恵の『NEW LOOK』。60年代をテーマにしたキュートなナンバーで、ヴィダルサスーンとのコラボで大ヒットしたシングル『60s70s80s』収録曲。手掛けたのはT.KURA & MICHICOで、サンプリングねたは安室のお気に入り曲The Supremes"Baby Love"。とにかく鬼キュートでした。

04位 BoAEat You Up
Eat You Up - Single4位は韓国、日本などアジアで活躍中の歌って踊れるシンガーBoAのアメリカ・デビュー・シングル『Eat You Up』。アメリカ・デビュー・シングルということで全編英語詞のこの曲は、とにかくカッコいいの一言。わき目も振らずただ前だけを見て突進する感じのトラックもカッコいいし、軽く加工を施したヴォーカルも今っぽくてアリですね。

そしてTOP3は…
03位 安室奈美恵ROCK STEADY (from 60s70s80s)
60s70s80s3位は安室奈美恵の大ヒットシングル『60s70s80s』収録の『ROCK STEADY』。『NEW LOOK』同様こちらもヴィダル・タイアップのナンバーで、日本のHIP HOPシーンの先駆者MUROがプロデュースを担当。Aretha Franklin"Rock Steady"をサンプリングした前傾姿勢のR&Bチューンで、安室の十八番的ノリのナンバーでした。『60s70s80s』の中では一番注目度の低い曲だったかもしれないけど、俺は大好きです。

02位 DOUBLE残り火 〜eternal BED〜
残り火-eternal BED - Single2位は安室奈美恵とのコラボ曲『BLACK DIAMOND』も話題になったDOUBLEの『残り火 〜eternal BED〜』。発売は去年の12月なんだけど、あまりにも年末だったので今年扱いで。あの名曲『BED』の10年後の結末…。プロデュースは美メロ・マスター松尾 "KC" 潔が手掛けていて、心に染みるウィンター・ソングになっています。切なさと儚さが交差する涙腺猛刺激曲といった感じで、今みたいな寒い季節に聴くと心に染みまくりでめっちゃヤバいっす。

01位 安室奈美恵WHAT A FEELING (from 60s70s80s)
60s70s80s栄えある第1位は日本が誇るダンシング・クイーン安室奈美恵の『WHAT A FEELING』。ヴィダル・タイアップ『60s70s80s』の80s担当曲で、プロデュースは安室とは初顔合わせとなる大沢伸一。Irene Cara"What A Feeling"をサンプリングしてるという点も注目だけど、それよりも何よりも大沢ならではのエレクトロ・サウンドが素晴らしすぎる。PVもとってもラグジュアリーで見応えがあったし、文句なしの第1位でございます。

こんな感じです。安室奈美恵が上位にランクインしたのは、多分皆さんの予想通りって感じなんでしょうね(笑)記事中でも書いたけど、今年は中田ヤスタカの作品をたくさん聴いた1年でした。アルバム・レビューは書いてないけど、capsuleのアルバムも結構聴いてたし、Perfumeのアルバムもかなり聴きこんでました。あと友達から借りた鈴木亜美の最新作も聴いてたかな。まぁこんな感じの1年でした。
Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ

スポンサーリンク

HOT TOPICS