5a3ba8a0

歌って踊れるセクシーな5人組キャバレー集団The Pussycat Dollsの6曲入り限定EP(ミニ・アルバム)『Doll Domination: The Mini Collection』について。このブログを見てくれてる人は俺が歌って踊れるアーティストが大好物なのは知ってくれてると思うけど、類に漏れず彼女達も大好物なグループでして。Janet Jacksonが低迷というか迷走してる今、俺が一番惚れ込んでるのは彼女達かもしれない。

そんな彼女達の最新アルバム『Doll Domination』から美味しいとこだけを抽出し、さらに旨味をプラスしたお買い得盤がこれ。大ヒットしたシングル3曲にブランニュー・ナンバーをプラスってことで、彼女達の魅力を手軽に味わえる1枚になっています。

まずは新しく追加されたナンバーから紹介しますね。本作からのリード・シングルだった『Jai Ho (You Are My Destiny)』は、映画「Slumdog Millionaire」のエンディング・テーマ曲のカバーで、名義はA R Rahman & The Pussycat Dolls feat. Nicole Scherzingerとなっています。曲の持つ情熱的な雰囲気がNicoleのヴォーカルにとても合っていて、なかなか楽しい楽曲に仕上がっているように思います。

『Painted Windows』はDarkchildことRodney Jerkinsがプロデュースした新曲で、ソングライトで新進気鋭のシンガー・ソングライターKeri Hilsonも関与。シンセがうねるダンサブルなアップ・チューンに仕上がってるんだけど、注目の出来はかろうじて及第点を超えてるレベルかな。Ciaraの最新アルバム収録の『Pucker Up』といい、最近のRodney Jerkinsは軽く微妙な曲が多い気がしますね。

『Hush Hush; Hush Hush』はNEWアルバム『Doll Domination』に収録されていた『Hush Hush』のリミックスみたいなもので、途中までは原曲どおり進んでいくんだけど、サビに突入した瞬間リズミカルに変化するバージョンになっています。個人的には原曲よりこっちの方が好きかな。

あとは皆さんご存知のヒット曲ばかりで、Rodney Jerkinsが底力を見せ付けた会心のバキバキ・アッパー・チューン『When I Grow Up』、Polow Da DonプロデュースMissy Elliott客演の妖しい病み付き曲『Whatcha Think About That』、そして彼女達のしなやかな一面が味わえる『I Hate This Part』と、ヒット曲と新曲の計6曲で構成されたミニ・アルバムになっています。

NEWアルバムを所持してる人に「絶対に買いですよ!」とは言えないけど、新曲も収録されてるし値段も手頃なんで、PCDファンやNEWアルバムを持ってない人は購入を検討してみてはどうでしょうか。ジャケットもセクシーでカッコいいんでジャケ買いもアリだと思いますよ。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ