Ashanti_-_Ashanti

このデビュー・アルバム『Ashanti』も全米N0.1を獲得、シングル・チャートでも記念すべき1stシングル『Foolish』(No.1獲得)、Ja Rule『Always On Time feat. Ashanti』、Fat Joe『What's Luv? feat. Ashanti』の3曲ががTOP3を占拠するという神業をやってのけた、歌姫Ashantiのデビュー・アルバム『Ashanti』についてレビュー。AshantiというかIrv Gotti率いるThe Inc.の当時の勢いは目を見張るものがありましたよね。過去の名曲を絶妙にサンプリングするその技は、あのDiddyをも脅かしました。

本作を語る上で絶対に避けて通れないのが上でも書いた大ヒット・シングル『Foolish』。The Notorious B.I.G.曲でもお馴染みのDeBarge"Stay With Me"を大胆にサンプリングした一撃必殺の神曲で、原曲が大好きな俺は聴いた瞬間昇天。『Foolish』1曲の為にこのアルバムを買ったと言っても大袈裟じゃありません。

もちろんそのリミックス的ポジションの『Unfoolish』も最高。The Notorious B.I.G.の音源を引っぱり出してきた、反則ギリギリなんだけど出来は絶品なキラーチューン…。シビれるなって方が無理ですよ。

アルバムの蓋を開けてみるとその他の曲もかなりの粒揃い状態で、Chink Santana & Irv Gotti手掛ける思わず踊り出したくなるようなミディアム・アップ曲『Happy』、7とIrv Gottiが提供しAshantiと相性のいいレーベルメイト・ラッパーJa Ruleが力を貸す心地よさ高めのスムージーなアップ『Leaving (Always On Time Part.2)』など、特にアルバム前半は捨て曲なしの好曲ゾーンになっています。

中盤以降も、しっとりセクシーに歌い上げる『Call』、レーベルの首領Irv Gottiがプロデュース&客演した粘り気のある艶かしいスロウ『Scared』、ダークでどこか緊迫感のただようトラックに合わせ抑え目に歌う『Rescue』、一聴した感じ地味なんだけどあとからじわじわ効いてくる気だるい系ミッド・スロウ『Baby』、持ち前の美しい声を武器に幻想的なトラックを乗りこなす『VooDoo』、7 & Irv Gottiがプロデュースしたキラキラした美スロウ・ジャム『Movies』、雨や雷鳴音が切なさにより輪を掛ける『Over』、そしてアコースティックな好曲『Dreams』と、The Inc.の面々が提供した極上曲をAshantiの小鳥のようなボーカルが彩る傑作に仕上がっています。

久しぶりに引っぱり出して聴いたんだけど、今聴いても全然色褪せていませんね。後半ちょっとダレそうになるけど、全体的な仕上がりは問題なしといってもいいでしょう。もし初期のAshantiを知らない人がいたらぜひチェックしてみて下さい。

Thank you for your support!
 にほんブログ村 音楽ブログへ